ホーム

お知らせ(新着情報)

【福岡コロナ警報終了】利用者の皆さまへ

お知らせ(新着情報)

【福岡コロナ警報終了】利用者の皆さまへ

更新日2022年10月12日

利用者の皆さまにおかれましては、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策にご協力いただきありがとうございます。

福岡県の福岡コロナ警報は10月5日に解除されましたが、引き続き感染再拡大に備えた感染防止対策の要請に基づく大野城市の方針を受けて、まどかぴあは下記のとおり運営します。

利用者の皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、引き続き感染拡大防止のためのご理解とご協力をいただきますようお願いします。

 

主なポイント

【見直し】

●イベント開催時の「感染防止策チェックリスト」の様式見直し

 主催者等が作成し、HP等で公表する様式が見直されました。


●飲食を伴うイベントの見直し

 飲食(アルコールを含む。)については次のとおり見直されました。

<参加者間の距離の確保>

 ・座席は真正面の配置は避け、座席間隔を1m以上確保する又はテーブル上にアクリル板を設置し区切ること。

 ・テーブル間は1m以上の間隔をあけるか、アクリル板等で区切ること。

<換気>

 ・屋内の飲食専用スペースについては、30分に1回、5分程度2方向の窓を全開等で十分な換気を行うこと。

<参加者への呼びかけ>

 ・飲食時以外ではマスク着用を徹底するよう促すこと。

 ・参加者同士のお酌、グラスの回し飲み、大声での会話は避けるよう促すこと。

 ・飲食の時間は、長時間とならないよう促すこと。

 ・座席・テーブルを移動する場合は、人との距離を1m以上確保すること。

 

【継続】

●利用(用途)条件に伴う収容人員

大声なし  大声あり
収容人員の100%  収容人員の50%

※ 実際のイベントが大声での歓声、声援等が想定されるか否かについては、「大声」を「観客が(ア)通常よりも大きな声量で、(イ)反復・継続的に声を発すること」と定義し、これを積極的に推奨する又は必要な対策を十分に施さないイベントを「大声あり」に該当するものとなっています。

<大声の具体例>

 ・観客間の大声・長時間の会話

 ・スポーツイベントにおいて、反復・継続的に行われる応援歌の合唱

  (得点時の一時的な歓声等は必ずしも当たらないとされています。)

 

1.貸出施設

◇貸会議室、ホール等の利用

(収容人員に利用条件で制限を設けていますが)現在、すべての貸出施設が利用できます。

※11月30日までは特定天井耐震化工事のため大ホールのご利用はできません。

 

2.施設利用条件

(1)貸出施設利用にあたっての条件

下記の条件は、現時点における国及び市の感染症対策の基本的対処方針などに基づいていますので、状況により変わる場合もあります。

 

◇利用時間

利用時間 午前9時から午後10時まで

 

◇利用(用途)条件

・大声がないものは収容人員の100%、大声があるものは収容人員の50%となっています。(詳しくは収容人数要件をご覧ください。)
会食やアルコールを伴うイベントも利用できます。

 

◇収容人数要件

収容可能人数は、利用(用途)条件により100%と50%となっています。
50%の利用の場合は下記を参考にしてください。

ただし、5人以内の同一グループ内では座席間隔を空けなくても構いません。その場合の定員は50%を超えることも可能です。

 

大ホール 使用可能座席配置図  388席(前後左右1席空き)

小ホール 使用可能座席配置図  60席(前後左右1席空き)

上記は目安となります。施設によっては、収容人員がないものもあります。

この場合は、距離を確保するため施設面積を3.14㎡で除した人数を上限としています。

 

◇県外の方の利用

   ・県外の方の移動は「三つの密」の回避を含め、基本的な感染防止対策を徹底してください。(「新しい生活様式」を心がけた行動をお願いします。)

 

3.感染防止策チェックリストの記入及び公表について

感染症の拡大防止の取組みについて、感染防止策チェックリストによりイベント開催時の感染防止対策の点検をお願いします。

また、主催者は記入したチェックリストをホームページや会場入り口で公表するとともに、イベント終了日から1年間保管してください。

 

 ◇様式(別添)

※詳細は福岡県ホームページでご確認ください。(催物(イベント等)における感染防止対策をお願いします。)

 

4.感染防止対策の徹底

1)利用者(主催者)が行う感染防止対策

次の項目など取りうる限りの感染防止対策の徹底

(1) 開催前

利用者(主催者)は、参加者には次の注意事項を事前に周知すること

・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等へ渡航した方、又は当該在住者との濃厚接触がある場合は参加できないこと
・発熱や咳等の風邪症状がみられる方は参加できないこと
・高齢の方や基礎疾患をお持ちの方で、感染リスクを心配される方は参加をご遠慮いただくこと
・大声での発声、歌唱や声援、または近接した距離での会話等が想定されるようなイベント開催については利用制限があること
・参加したイベントで感染が発生した場合、保健所などの聞き取りに協力いただくこと

(2) 開催時の対策

・参加者へ手指消毒、手洗いの推奨を行うこと
・ワクチン接種の有無に関わらず全員がマスクを着用すること(持参していない場合は、主催者が配付すること)
・3つの「密」(密閉空間、密集場所、密接場面)を回避するため、参加者同士の間隔は適切に確保できる対応策を講じること
・特に、公演関係者(出演者、従事者等)においても、準備、リハーサル、撤収等に十分な時間の確保、飲食物や用具の共用等の自粛とともに、楽屋、通路、ステージ等の3つの密対策をおこなうこと
・その他、適切な感染防止対策(入場者の制限や誘導、手指の消毒設備の設置、室内の換気等)を講じること

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

※ 開催時の対策は、以下を参考に実施してください。

◆ 事前準備及び当日の感染対策

・ステージ上の出演者から最前列席までの距離は、2m以上確保してください。
・入場時、退場時の入退場口を分けるなど、人と人が密集、交錯する機会を極力減らすよう配慮してください。必要であれば、入場数を制限することもご検討ください。
・事前に余裕を持った入場時間を設定し、券種やゾーンごとの時間差での入場、開場時間の前倒し等の工夫を行ってください。
・日時や座席の指定による人数調整をしてください。
・入場時のチケットもぎりの際は、マスクや手袋を着用するようにしてください。また、来場者が自分で半券を切って箱に入れ、公演主催者がそれを目視で確認するといった方式等もぎりの簡略化の導入もご検討ください。
・検温は、ホワイエ内ではなく、大ホール入口前(ギャラリーモール)で行ってください。(マスク、フェイスシールドや手袋を着用するようにしてください)

・観客等に対して大声を出さないことを周知・徹底し、大声を出す人がいた場合は個別に注意、退場処分等の措置を講じてください。
・できる限りイベント等の開催時間を短縮・分散するよう努めてください。
・余裕を持った休憩時間を設定し、トイレなどの混雑緩和に努めてください。
・入場時、やむを得ずギャラリーモールに並ぶ際は、一列で人と人との間隔を最低1m以上空けて並んでください。多いときは、館外に並んでいただく場合もございますのでご了承ください。
・イベントの主催者等は、イベントの前後や休憩時間などの交流を極力控えるようにしてください。

 

◆ 楽屋等関連

・楽屋・控室でも密集・密接にならないように配慮してください。
・楽屋・控室での飲食は、間隔(1m)を空け、向かい合わせにならない、時間差で利用する、会話をしないなど十分な対策を行ってください。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

 

2)まどかぴあの感染防止策

・各出入口及び建物内にアルコール手指洗浄液を配置しています。
・各施設内の手すり、エレベーターのボタン、共用部のソファ、椅子などは除菌を実施しています。
・備品(マイク、椅子、机、スイッチ類等)、共用備品(長机、椅子、展示パネル等)につきましては、消毒液でふき取りを行っています。
・換気については出入口を開放するとともに、窓のない部屋は各種法令に基づいて外気を取り入れた機械式空気調和設備により換気を行うとともに、窓のある部屋は定期的な換気を行っています。
・施設従事者にはマスクの着用、手指消毒の励行、出勤前の体温測定等を励行させています。

5.施設利用のキャンセル及び還付について

上記「2.施設利用条件」により利用できない場合、条件を満たすことが難しい場合、または新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から利用を取りやめたいという場合につきましては、既にお支払いいただいております使用料全額をご返金いたします。お手続き等につきましては、まどかぴあ総合案内にお問い合わせください。

 

【お問い合わせ】

まどかぴあ総合案内 ℡ 092-586-4000

9:00~21:00 第1・3水曜日休館

お知らせ一覧にもどる

PAGE TOP