ホーム

館長の部屋

館長の部屋

【Vol.139】 師走、雪月、数え月

更新日2022年12月01日

お元気ですか!

サッカーワールドカップの試合に世界中が盛り上がっている中、もう師走です。

ギャラリーモールのランタンツリー、南側広場のイルミネーションもキラキラ輝いてクリスマスモードに入りました。

 

まどかぴあでは12月の事業とともに新年に向けての動きも活発になり、スタッフは皆走り回っている感じです。

12月1日のティータイムコンサートは能楽師白坂保行さんと久貫弘能さんによる「コラボレーションで触れる能の世界」、お二人は「つながる“まどか”能舞台」のお稽古から当日の出演まで全てに関わってくださっています。

来年1月28日の『羽衣』の公演に向けて、大野城市内の4つのコミュニティセンターでのお稽古も佳境に入りました。ワークショップの参加者の皆さんは CDでの自宅練習を重ねながら、12月はいよいよ衣装合わせも始まります。

 

「とても良くなりました。皆さん、いいですよ!」と白坂先生、鼓の音が入ると皆さんの謡にも力が入ります。

私も各会場で一緒に声を出していますが、本番で80人の皆さんの謡が重なった時のことを想像するだけで、もう今からワクワクしています。当日は東京や関西からプロの能楽師の方々も入ってくださり、きっと素晴らしい能『羽衣』になることでしょう。

先日、生涯学習センターの講座でチラシとともにご案内いたしましたら、「能舞台があるの?」「1000円で能が楽しめるなんて!楽しみ!」と喜んでくださいました。まどかぴあの能舞台をまだご存知でない方も多いことから、今回は清らかで凛とした佇まいの能舞台と能公演を体感していただきたいのです。

 

この事業は、様々な“つながり”の中で生まれ大きく広がろうとしています。企業や個人の皆さまから応援のご協賛というつながりもいただきながら開催に向けて頑張っているところです。

是非、『羽衣』をご鑑賞ください。

指定席です、お早めにチケットを!

インフォメーションでは、明和電機ナンセンスマシーンコンサートのチケットを発売中、また、男女平等推進センターアスカーラの共生フォーラム「尾木直樹講演会」「信友直子講演会&映画上映会」のチケット販売も始まります。

 

また、12月17日からは「まどかのメディアート展」18日には「まどかのメディアート 座談会」を開催します。是非、メディアアートの世界をご体感ください。

 

今年も大変お世話になりましてありがとうございました。

大ホールの特定天井耐震化工事などで大変ご不便ご迷惑をお掛けいたしましたが、新しい気持ちでスタッフ一同張り切っております。

新しい年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。

[No.138]日に日に秋深まり、霜月

更新日2022年11月01日

お元気ですか!

紅葉の季節、秋を彩る錦繡の山々をテレビで眺めながらどこかへ旅をしたくなりました。

 

まどかぴあでは、さまざまな改修工事が終わりに近づき、ギャラリーモールの足場解体とともに天井から明るい光が降り注ぎ始めています。

久し振りに、すっきりと見通しがよくなったギャラリーモールを歩きながら爽やかな気分に包まれました。

ウィンターイルミネーションの準備をしながら、皆さまのお出かけを心よりお待ち申し上げております。

11月9日まで開催中の「図書館へゆこう!!」には、たくさんの方々にお越しいただき大盛況です。

 

先日、その中のひとつ、赤ちゃんとその保護者向けの「おひざでだっこ〜布の絵本のおはなし会」のお部屋にいれていただきました。

 

まどかぴあの和会議室は赤ちゃんを抱っこしたお母さんたちが笑顔で集い、とても穏やかな楽しい時間でした。

ボランティアのお二人の明るく弾けるような声とともに繰り広げられる布の絵本の世界は、夢のように幸せな空間です。

私は、会場の後ろからその様子をずっと見ていたのですが、赤ちゃんはもちろんのこと、お母さんたちが楽しそうで嬉しそうで、我が子への深い愛に満ち溢れた動作はみんな同じで、幸せな光景でした。

 

若いお母さんたちの背中を眺めながら、二人の子育てに疲弊していた半世紀ほど前の私自身がよみがえってきたのです。余裕のなかった昔を思い出しながら、

 

「お母さん頑張ってくださいね!大変でしょうけれど、ゆっくりと子育てを楽しんでくださいね・・・」

 

と心の中で語りかけていました。

先日、国立社会保障・人口問題研究所の調査結果で、「“専業主婦”や“子育て後の再就職”を上回り“仕事と育児の両立が理想”という考え方が男女ともに最多となった」という新聞記事がありましたが、これから女性たちがさまざまなことに挑戦しながらのびのびと活躍できる社会環境の構築が必要です。

 

 

さて、今年も「大野城ウィンターイルミネーション2022」が11月19日から始まります。これまでも、イルミネーションや希望の灯りは開催していましたが、まどかぴあ の南側広場で3年ぶりの点灯式を行います。

今回は、イルミネーションとともに会場には子どもたちが作ったかわいいグラスデコのキャンドルライトの灯りが加わり、さらに温もりのパワーアップです。

 

ぜひお出かけください。

 

 

そして、希望の灯りや市内6カ所のイルミネーションをめぐってプレゼントも当たるキーワードラリーもご家族でお楽しみください。

 

これから寒さに向かいますが、ますますお元気にお過ごしください。

 

[No.137]まどかぴあの秋

更新日2022年10月03日

お元気ですか!

ススキや秋桜が爽やかな風に揺れています。

美味しい秋の味覚を楽しみながら、この心地よい季節を満喫したいものです。

 

コロナパンデミックにも明るさが見えてきたというWHOのコメントにちょっとほっとしながら、私たちの周りにも落ち着きがみられることを祈るばかりです。

 

まどかぴあでは特定天井耐震化工事後の大ホールでの事業再開に向けて、インフォメーションでのチケット販売が活発になってきました。

 

12月の「明和電機ナンセンスマシーンコンサート」や1月のジャズピアニスト山下洋輔さんを迎えての「音のわコンサート」など、カレンダーのお楽しみ計画の中にぜひ加えてください。

生涯学習センターでは短期講座の受付が12日から始まりますが、「味噌と甘酒」「薬膳」「ヘッドマッサージ」などなど興味深いものばかりです。先月は受講生の皆さんの作品の発表会でしたが、素晴らしい作品に感動、私は絵も習字も写経も・・・いろいろと受講したくなりました。

短期講座の2次申し込みも受け付け中ですから、ホームページをご確認なさりながらご検討ください。

男女平等推進センターアスカーラでも、これからさまざまな事業の展開で大忙しです。特に11月25日の「女性に対する暴力撤廃国際日」にかけての2週間は DV防止運動期間となりそのキャンペーン企画のセミナーを10月29日に開催します。

 

そして、図書館では「図書館へゆこう!!2022秋」のスタート。10月27日から11月9日までの読書週間にも合わせてさまざまな企画で皆さまをお待ちしています。

「杉山亮さんのものがたりライブ&講演会」「わくわくおはなしまつり」「読書週間×図書館へゆこう!!お楽しみ袋」「本で楽しむボードゲーム」などなど、図書館スタッフが知恵を絞ったお楽しみ企画満載です。

お子さんやお孫さんともご一緒に、お好きなイベントへお出かけください。

詳しいお申し込みなどは、情報誌アテナやホームページでご確認ください。

 

先日、日経新聞に「大人も夢中の“絵本”」という内容の記事がありました。多様性を増した絵本が大人の読者を広げているとか、「人生経験の多い大人だからこそ、絵本を読むと胸にしみる」という声もありました。新刊も人気ですが、昔読んだ絵本を手にとった時「読むたびに子供のときと違う発見をする」とも、その思いがよくわかります。

 

図書館は、心の拠り所、そして、どんなときも私たちの気持ちをしっかり受け止め寄り添ってくれる場です。読書の秋、まどかぴあ図書館でお会いしましょう。

[No.136]秋に向けて

更新日2022年09月01日

お元気ですか!

暑かった夏を振り返りつつ、爽やかな秋が待ち遠しい9月です。

 

さて、大野城市にとって最近のビッグニュースは8月28日から西鉄電車が高架上を走り始めたこと、待ちに待った西鉄天神大牟田線連続立体交差事業の「雑餉隈駅」から「下大利駅」区間の高架開通です。

先日、ふと見上げた高架上を電車が走っている様子に感動して、思わず立ち止まってしまいました。

通勤の車窓からもこれまでとは違う景色が広がって、なんだか夢のようです。また、19箇所の踏切がなくなり交通渋滞の解消にもつながっています。

そして、これからいくつかの沿線新駅の完成とともに近隣のまちの動きや賑わいがますます楽しみになってきました。

 

また、市制50周年を迎えた大野城市では9月10日のまどかマルシェをはじめさまざまな事業が繰り広げられ、これからお祝いムードが高まっていくことでしょう。

 

まどかぴあでも秋に向けて各担当が張り切ってさまざまな事業を進めています。

その中から、先日スタートした「つながる“まどか”能舞台」のワークショップの様子をご紹介します。

 

まどかぴあの大ホールには県内でも珍しい本格的な特設能舞台があり、静謐(せいひつ)な空気に包まれた能舞台の前に立つだけで身の引き締まるような気持ちになるものです。

 

この能舞台で、来年の1月28日に能「羽衣」をプロの能楽師の方々と市民の皆さんによって創り上げる「つながる“まどか”能舞台」がスタートしました。「能の謡にチャレンジしてみよう」という企画に応募された皆さんは各コミュニティセンターで能楽師の指導を受けながら練習し、本番では謡での出演となります。

8月27日、28日、各コミュニティセンターにそれぞれ約20人が参加、「能」について基本的なことを学ぶ4カ所でのワークショップは地域の特徴も感じられ興味深いものでした。

 

 

「能を代表する曲の一つである熊野、これをなんと読むでしょうか?ゆやと読みます。このように能の演目は短くて歌舞伎は長いですね・・・三味線が入らないのが能で・・・」と、白坂先生の能についてのお話が続きます。

講師は、本番にも出演していただく能楽師の白坂保行さんと山岡晴美さん、高安流大鼓方の白坂さんのお話は流暢でとても分かりやすく、宝生流シテ方山岡さんも動きを交えて能の奥深さや発声法などを教えて下さいました。

参加者からは、

「話を聞いて能というものに興味がわいてきました、楽しみです」

「何だかワクワクしてきました、練習が楽しみ」

などという声が聞かれ、私たちスタッフも10月からの稽古を楽しみにしているところです。

小学校2年生から80代まで約80人の皆さんが本番に向けてこれから練習を重ね16人の能楽師とともに能「羽衣」に挑む、その過程でどんなつながりが生まれるかも興味深いところです。

 

これから練習風景も追ってご紹介します。

来年1月の本番、能「羽衣」をどうぞお楽しみに!

 

[No.135]8月、百日紅と蝉時雨

更新日2022年08月01日

お元気ですか!

この夏も酷暑、そして新型コロナ第7波という厳しい現実に直面しています。

 

そのような中、大変悲しいお知らせです。

まどかぴあの佐藤陽子名誉館長がご病気のため7月19日にお亡くなりになりました。

 

池田満寿夫初代館長のパートナーとして、まどかぴあのスタートから私どもとともに歩んでいただき、さまざまな面で大きなお力を発揮してくださいました。特に、市民の皆さんの拍手が鳴り止まなかったヴァイオリンコンサートや版画ビエンナーレなど、心に残る思い出のシーンが蘇り、深い悲しみと感謝の気持ちに包まれています。

今年の版画ビエンナーレにも審査員として6月に2度まどかぴあに来られ、受賞者の方々へは厳しくも温かいメッセージで次なる作品を生むためのパワーを与えていらっしゃるお姿が印象的でした。

 

世界的なご活躍とともに、純粋で愛らしい天才少女そのままに大輪の花だった佐藤陽子名誉館長のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

まどかぴあでは、佐藤陽子名誉館長のご逝去を悼み、1階の「情報の森」に記帳所を設けさせていただいております。

 

 

8月のまどかぴあでは、完全なコロナ対策とともに粛々と事業を行っております。

 

図書館やさまざまな事業にお子さん連れのご家族の姿が多く見られますし、7月の男女平等推進センターアスカーラ「わくわくひろば」の子ども市では入場制限つきでしたが大賑わい、まどかぴあの館内にお子さんたちの明るい声が響くことの幸せを改めて感じました。

 

夏休みのまどかぴあでは、紙のどうぶつえんをはじめ生涯学習センターの講座や図書館のおはなし会などお子さん向けの事業を多く展開しています。

さて、文化芸術から新しい取り組みである「まどかのメディアート」のご案内が始まっています。九州産業大学芸術学部教授の黒岩俊哉先生のコーディネートで「メディア芸術」を満喫できる5つの講座が始まります。9月から、ワークショップ「デジタルマンガにチャレンジ!」でスタート、小学校5年生以上の皆さんの参加を募集中です。

マンガ、アニメ、映像、テクノロジーを駆使したアートなど5つのプログラムに、どんな方々が来てくださり、どんな展開になるのか、とても楽しみです。

このところ、新しい時代の変化に乗ることの大切さをしみじみ感じていますが、先日のまどかぴあ 市民大学「おとなの楽校」1時間目の講師である九州最古の八女提灯伊藤権次郎商店の8代目伊藤博紀さんのお話にもその新しい挑戦への勢いがありました。

 

私たちがこれまで抱いていた八女の盆提灯や祭りの提灯のイメージを遥かに超えた新しい取り組みがすでに始まっています。提灯という日本の灯りの文化を世界に向けて発信、ディズニー映画の演出の中にまで八女提灯がずらりと並んでいたというお話には驚きました。

 

提灯業界の変革に向けてその可能性を無限に広げるパワー、32歳という若さと柔軟な発想力に満ち溢れた伊藤さんのお話は、固定観念を覆すことが苦手な私にとっては衝撃的でした。

 

コロナ禍というパンデミックのなかで私たちは急激な変革の嵐に見舞われ、デジタル化は急速に進み、働き方を含めさまざまな分野で多様な変革が広がっています。新しい環境の中で生きていくために常に学び進化しなければと自らに言い聞かせているところです。

 

まどかぴあの取り組みは、さまざまな世代の方々と共に広がらなければなりません。これからの各課の事業にご期待ください。そして、皆さまのご参加をお待ちしています。

PAGE TOP