ホーム

館長の部屋

館長の部屋

[No.109] 暑中お見舞い申し上げます

更新日2020年08月03日

お元気ですか!

コロナ禍の夏休み、「里帰り、やめました」「お盆には誰も帰ってきません」という声が多く聞かれます。故郷のぬくもりを楽しみにしていた若いご家族にとって、また、お孫さんの成長ぶりを心待ちにされていた方々にとっても、何とも言えない寂しく落ち着かない夏の日が続きます。

 

こんなときこそ、近くの人々と支え合って、この時期を何とか乗り越えなければなりません。しかし、私たちは今、近づいて親しく話すことも憚られ、人間的つながりが確認できない寂しさやもどかしさに包まれています。電話やネットなどでそれぞれの思いを確認しながら過ごすしかありませんね。声をかけあって、つながりを確認し、そのことに安心しながら、心の健康を保つ努力が必要かもしれません。また、自粛という中での運動不足解消も必要ですから、上手に工夫して体を動かすことを考えましょう。また、笑うことも少なくなったこの頃、私は友だちとの長電話が最高のストレス解消、友情に感謝の日々です。新しい生活様式の中、暮らしの中での新しい発見を求めてコロナ禍を乗り越えましょう。

 

このところ新聞にも大きく取り上げられるようになったワクチン開発の記事に希望をつなぎながら、終息を祈るばかりです。

 

先日は、まどかぴあで「おとなの楽校」と「ティータイムスペシャルコンサート」を開催しましたが、おかげさまで無事に終えることができました。スタッフは何回もシミュレーションを繰り返し、消毒、検温、マスクの着用、密を避けるために入場や退場にも制限をさせていただきましたが、すべての面で皆さまのご協力を頂き順調に動きを進めることができました。「まどかぴあご利用のお客様は、粛々と動いてくださり本当に素晴らしいと思いました」とあるスタッフが感動していました。皆さまのご協力に心より感謝申し上げます。

 

「おとなの楽校」では、中村哲先生と現地で30年以上活動された藤田千代子さんの講演、さまざまな出来事を映像とともにその活動状況をしっかり伝えて下さって、心に迫るものがありました。「中村先生の写真があまりにもたくさん出てきたものですから」と講演時間いっぱいのお話、いまでも中村先生がアフガニスタンにいらっしゃるような気になったものです。夜は静かにモーツアルトを聴いておられたとか、アンケートには中村先生の偉大な功績に対する感動のお声が重なっていました。

ペシャワール会の方々が当日お手伝いに来て下さいましたが、たくさんの受講生の方々からの募金に感謝しながらこれからの活動の継続を誓っておられました。

 

まどかぴあでは、新型コロナの感染状況を判断しながら、これからの活動を模索してまいります。情報紙アテナやホームページからのご案内にもご注目下さい。

 

厳しい暑さがやって参りました。どうぞ、お元気でお過ごしください。

[No.108] 新しい生活様式の中で

更新日2020年07月07日

お元気ですか!

今年は、いつもと違う春を過ごし、いつもと違う夏を迎えました。何だか半年が長かったような短かったようなコロナ禍の中での日々、誰もが生まれて初めて経験することばかり、私自身も心が萎みそうになりました。まだまだ大変な日が続きますが、まどかぴあも休館から明けて新しい取り組みに向かっています。

 

7月に入って、図書館は密にならない工夫をしながらご利用いただいていますし、生涯学習センターの講座、男女平等推進センターアスカーラの講座も始まりました。少しずつ、用心しながらのスタートです。皆様には、マスクの着用、検温、手指消毒をお願いしながら、まどかぴあもできる限りの取り組みを続けております。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

また、「おとなの楽校」が7月18日(土)、「ティータイムスペシャルコンサート」は19日(日)に開催です。

800席の大ホールに120席という、間隔をあけた状態での開催にいたしました。おとなの楽校は西日本新聞に大きく取り上げていただいたこともあり即日完売、アフガニスタンで中村哲さんがお亡くなりになってちょうど半年ということもあり皆さまの思いの深さが伝わってきました。当日は、30年以上中村哲さんの右腕として現地の医療活動に携わっておられた看護師の藤田千代子さんが映像を交えて講演してくださいます。

 

個人的なことですが、私は福岡高校の一年後輩です。一昨年の福岡高校の100周年のパネルディスカッションでご一緒させていただきましたが、そのときの映像をほんの一部ご紹介させていただこうかと思っています。

ディスカッションの最後に、こんなことをおっしゃっていたのです。

「やりたいことはたくさんあって、それも大きいですけど、何せ年齢制限というものが人生にはあります。しかし、私たちの仕事そのものは私一代で終わるべきものではありません。これを次の世代に受け継いでいこうということで今、いろいろと努力をしております。(中略)私は五十年か百年の内には何とかあそこが緑になってくれれば、と活動を続けていきたいと思っております」と。

また、「論語教育を受けて育ちましたが、一番心に残っているのは孔子が弟子に、人生で一番大切なことは思いやりであるとおっしゃったこと。どんな人に対しても自分がされて嫌だと思うことを人にしてはいけない、思いやりがあればどんなことでもできると、私もそう思います」とも話されました。

本当に、温かく、優しく、そして自然体の素晴らしい方でした。

当日は、藤田さんのお話を聞きながら、中村哲さんの壮大な生き方に触れていただけることでしょう。

 

さて、新しい生活様式の中でのまどかぴあのこれからの活動について、今職員みんなで考えているところです。さまざまなイベントの開催が難しく立ち止まっているのでなく、何かできることはないだろうかと模索しています。まどかぴあにできること、まどかぴあだからやらなければならないことがあるはずです。しっかり取り組みながら前進いたします。

 

暑さの中、新型コロナウイルス対策のマスク生活も大変ですが、どうぞお元気にお過ごしください。

[No.107] まどかぴあ 開館いたします

更新日2020年05月27日

お元気ですか!

いかがお過ごしでしょうか。

 

まどかぴあも、やっと6月1日、開館いたします。

図書館は一足先に開館しておりましたが、さまざまな部門で状況を見ながら動きを進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。各担当の具体的な動きに関しましては、ホームページの重要なお知らせのコーナーをご覧ください。

皆様に安心してご利用いただけますように、新しい生活様式に合わせて、館内の「密」を防ぐための準備などをしっかり進めております。

 

長い自粛生活から、やっと明るい光が感じられるニュース、5月25日、「緊急事態宣言、全国で解除」という文字が新聞に躍りました。福岡県は一足先に解除になってはいたものの、私たちの心の底にはまだまだ感染への不安がワインの澱のようにしっかり残っていて、急に喜んだり、パッと外に飛び出すような気持ちになれないのが現状です。

 

WHOが、この解除を受けて日本の対応を「成功」と評価したということですが、日本人の真面目な自粛生活の厳守は、やはり大きな効果があったということなのでしょうし、その陰で日本の医療従事者の皆さんの貢献を忘れることはできません。

 

毎日、感染者数に一喜一憂しながら、その棒グラフの右肩下がりを願いながら見つめていました。感染者数の減少にはホッとしているものの、第2波への不安が残ります。先日の日本経済新聞に、東京大学の試算によると自粛解除30日で感染者増という見出しがありました。感染拡大を防ぐには、やはり「行動自粛を継続すること」だそうです。

私たちにできることをしっかり守って、第2波の襲来を何としても防ぎたいものです。

 

さて、マスク暮らしも長くなりそうですが、このところの暑さで、マスクの中が「蒸」「密」で息苦しくさえ感じることがあります。何か快適なマスクはないものかと思案中です。

そんな中、引き出しの奥に麻の白いハンカチを発見、これで風通しの良いマスクができないものか、しかし、風通しがよすぎるとマスクの意味がなくなるだろうか・・・。

取り敢えず、間にガーゼを挟んで、一枚試作品を作ってみることに。久しぶりに裁縫道具を出したところです。

 

季節の変わり目です。皆さま、お気をつけて、お過ごしください。

[No.106] まどかぴあも、休館となりました

更新日2020年04月14日

お元気ですか。

新型コロナウイルスの感染拡大の中、国の非常事態宣言の翌日4月8日から、まどかぴあも休館とさせていただいております。様々な面でご不便をおかけ致しますが、ホームページの各担当部署からのメッセージにお目通しいただきますようお願いいたします。

がらんとした館内を歩きながら、初めて味わう寂しさと不安とやり切れなさに包まれています。早く、収束に向かいますように、効果のあるお薬やワクチン開発が進みますようにと祈りながら。

 

日々、刻々と変わる状況の中で、落ち着いて行動しなければと自分自身に言い聞かせつつ過ごしています。そんな中、身の回りから聞こえてくる声は様々です。

「子供たちのストレスが限界です、そして母親の私も疲れて」「仕事は休めない、しかし、感染が怖い」「施設に預けている親に会いたいけれど会えない」などなど、本当に悲痛な叫びばかりです。しかし、ここは、我慢したり耐えたりしながら、ともに乗り越えなければなりません。

そんな時に、一番心に効くのは誰かとつながっているという安心感です。「大丈夫?」「元気?」「頑張ろうね」「何かあったら連絡してね」、そんな言葉にすがるように暮らしています。会えなくても、友人との長電話がビタミン剤のように効くものだということもわかりました。

 

このところ、様々なメディアからの情報に敏感になっていますが、ドイツのメルケル首相の支持率が64%にはね上がっていると新聞で知りました。国民への語りかけが国民の心を捉えたのだというのです。心を一つにしてというメッセージに加えて、医療従事者への感謝、そしてスーパーマーケットで商品を並べてくれている人への感謝も忘れてはならないという言葉、私も深く感動したものです。目に見えないウイルスに立ち向かう不安、先が見えない不安、そんな中で一筋の光を求めて過ごす日々だからこそ、リーダーの語りかけるような言葉が人々の団結力に繋がるのだと思います。

 

私自身、ほとんどの仕事が中止や延期となり、家にいる時間に何をしたらよいかと考え込んでいます。本をたくさん買い込んではみたものの、今、できること探しの真最中です。

 

ニュートンはペストが大流行してケンブリッジ大学が休校になった時、故郷で時間を過ごす中、微分積分と万有引力を発見したと聞きました。ニュートンにはなれませんが、私たちにできることは、何なのか、落ち着いて思索の時間を持つことも必要なのかもしれません。

 

知り合いのドクターに「兎に角、ちゃんと食事をして、十分睡眠をとって、しっかりしっかり手を洗い続けることです」と言われました。

どうぞ、みなさま、呉々もお元気で、この時期をお過ごしください。

[No.105] 新年度、いつもとちがう春です

更新日2020年04月01日

4月、新年度のスタートです。

桜の花はあちこちで美しく咲き誇っていますが、その桜の花が「今年はいつもと様子がちがう」と驚いているのではないでしょうか。

世界中にひろがっている新型コロナウイルス感染症、私たちもいつもとちがう厳しい春の真ん中で立ち止まっている気がします。「これからどうなっていくのだろう」「いつになったら収束に向かうのか」「感染しないためにどうしたらいいのだろうか」、だれもが不安に包まれています。コロナショックはあらゆる分野に広がり、様々な職種の人々に大きな影響を与えています。

 

そんな中、まどかぴあも大変な状況にあります。コロナ感染症についての様々な情報をもとに各分野各担当の動きを皆で考えていますが、日々刻々と変化する数字の前で立ち止まったり迷ったり、その選択や決定に苦慮しています。

 

今後、日本全体の状況、そして、福岡県や大野城市近辺の状況の変化を注視しながら、動きを決め、新しい情報を様々な方法でお知らせして参りますので、それぞれの動きを受け止めていただき、ご理解頂きますようよろしくお願い申し上げます。図書館の開館、文化芸術担当の事業開催、生涯学習センターの講座開始、貸館の状況などにつきましてもホームページなどで急ぎ詳しくお知らせいたします。

 

まどかぴあスタッフも感染防止に努めながら日々の対応にあたっております。ご不明な点などはインフォメーションにお問い合わせくださいませ。

 

何よりも感染を防ぐためには、免疫力をつけることだといわれています。バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動を心がけ、どうぞお元気にお過ごしください。

ちょっと前に、イタリアの高校の校長先生が生徒へのメッセージの中に「この時期、よい本を読んで!」とありましたが、私自身も、うちの中で過ごす時間を豊かにする工夫をしなければと考える日々です。

 

新型コロナウイルス感染症克服にむけて、今こそ世界の叡智を集め、何らかの形で解決の光が早く見えますようにと祈りながら。

PAGE TOP