ホーム

館長の部屋

館長の部屋

[No.111] まどかぴあの、“とっておきの秋”がはじまりました!

更新日2020年10月01日

お元気ですか!

あれほど暑かった夏が台風10号とともに去ってしまったようで、秋の訪れがいつもより早いような気がいたします。

コロナ禍、新しい生活様式を取り入れながらの暮らしは慣れないことばかりですが、頑張って感染予防に努めたいと思っています。

 

さて、まどかぴあでは、“とっておきの秋”のはじまりです。私たちまどかぴあの財産である池田満寿夫初代館長の作品が並ぶ“版画コレクション展2020”がスタートしました。会期は10月12日まで、1960年代の作品から年代を追って池田満寿夫ワールドが会場いっぱいに広がっています。

「まどかぴあの初代館長が池田満寿夫さんだったなんて!」と、今でも皆さんが驚かれるのですが、平成8年4月のまどかぴあオープンの日、「この街が大好きだから、皆さんと一緒に頑張ります・・・」というステージでの館長挨拶を聞きながら深く感動したことを思い出しました。

まどかぴあの中をあちこち歩きながら、ひょいと空いた席に座って何か描いておられた姿や、階段の踊り場で、女性センターで働いていた私に「よろしくね」と言ってくださった声までもが蘇ってくるようです。

 

その一年後の訃報は、女性センター(現男女平等推進センターアスカーラ)のフォーラムのイベントの時に届き、大きなショックを受けました。63歳という若さで逝ってしまわれましたが、まどかぴあには測り知れないほど多くの財産を残してくださいました。その中の版画作品約80点の中から、会場には選りすぐりの30点が展示されています。

佐藤陽子名誉館長からの心いっぱいのメッセージを読んでいただきながら、作品との語らいを楽しんでください。

 

様々な分野で国際的な作家としてパイオニアだった“池田満寿夫”の熱き動勢に触れていただく絶好のチャンスです。会場で、ごゆっくりその版画作品に向き合っていただきますよう、ご案内申し上げます。

 

感染対策は万全です。もちろん、入場無料、会期中は何度でもお出かけくださいませ。

 

また、会場には、プレス機など版画制作の道具を展示しています。

10月4日(日)は、午後2時から、九州産業大学芸術学部教授、古本元治先生のギャラリートークを予定しています。(無料、申し込み不要、当日参加可)

[No.110] 大野城の希望の星に会いました!

更新日2020年09月01日

お元気ですか!

厳しい暑さが続いた8月、体温より高い気温とマスクに息苦しさを感じるほどでした。コロナ禍、熱中症にも気を遣いながらの日々、まだまだ気を抜けませんね。

 

まどかぴあではウィズコロナでの事業のやり方を模索しながら、前を向いて頑張っています。

先日は、男女平等推進センターアスカーラの男女共生講座の一回目を、多目的ホールで適切で安全な距離をおき限定45人の受講生の方々とともに無事終了しました。実行委員さんたちが初回に選ばれた講師は日巻寿夫さん、『終わらないジェンガ』で九州芸術祭文学賞を受賞した若き小説家、なんと大野城市在住の方なのです。そして、ご自分のことを「主夫」と表現されるわけですから、とても興味深いことでした。西日本新聞の「ひと」でその受賞のことは知っていましたが、爽やかな好青年の登場に多目的ホールは感動に包まれました。

この文学賞は1970年に発足して50回目という節目の年、地方でこのような文学賞が続いているというのは珍しいのだそうです。今も選考委員のお一人である五木寛之さんはその第1回目の選考会では江藤淳さん、安岡章太郎さんと激論を交わしたのだと選評に書いておられ、この文学賞の歴史を深く感じたものです。

日巻さんによる1時間の講演、その後30分くらい私とのトークという形での講座だったのですが、素晴らしいお話で会場の方々は聞き入っておられました。「ぼく、講演会というのは初めてなので、家で1時間ひとりでしゃべってみたのですよ」と、その話の運びはさすがでした。

大学時代の同級生と結婚、パートナーが家計を支え、家事は分担するという形で執筆中、「家族は共同戦線を張っているので、家計が成り立てばどんな形でもかまいません」と。

2歳のお子さんとの暮らしは「もう、かわいくて、かわいくて。食事をするときも、寝るときもずっと一日中かわいい!を連発してます」「主夫でいることに、周りの人の反応は、様々。時にお父さん偉いね!なんて言われますが、特別なことではないですね」と、とても自然体のパパなのです。

そういえば、ずいぶん前に、男女平等推進センターで登山家の田部井淳子さんをお呼びしたことがありますが、そのときのことを思い出しました。一緒に出演して下さったパートナーは「妻が山に登り留守が多く、私がスーパーマーケットで子どもと買い物していたら、近所の人にお父さんかわいそうに!なんて言われたりしてね」とおっしゃったことを。

 

今、買い物中のお父さんに「かわいそう」という人はいないかもしれませんが、「えらいね」と思われるのでしょうか。私たちの意識の奥にまだくすぶっている固定的性別役割分担意識、男性は仕事、女性は家で家事育児という考え方を振り返ってみる必要がありそうです。いま日本で、性別役割分担について賛成という人は半分弱、もちろん反対という方が増えていますが、諸外国に比べれば圧倒的に賛成が多いのです。

日巻さんのお話は、そんな固定的な考え方をさらりと変えるような爽やかな風を感じるものでした。「大野城市は本当に住みやすくていい街です。楽しんでいます。これからどんどん書き続けます」という表情に、会場は応援団を約束する拍手でいっぱいになりました。

 

大野城市にこんなすてきな若い作家が歩いてらっしゃるのです。本当に楽しみですね。

 

*まどかぴあ図書館の『文學界』4月号に日巻さんの『終わらないジェンガ』が掲載されています。

[No.109] 暑中お見舞い申し上げます

更新日2020年08月03日

お元気ですか!

コロナ禍の夏休み、「里帰り、やめました」「お盆には誰も帰ってきません」という声が多く聞かれます。故郷のぬくもりを楽しみにしていた若いご家族にとって、また、お孫さんの成長ぶりを心待ちにされていた方々にとっても、何とも言えない寂しく落ち着かない夏の日が続きます。

 

こんなときこそ、近くの人々と支え合って、この時期を何とか乗り越えなければなりません。しかし、私たちは今、近づいて親しく話すことも憚られ、人間的つながりが確認できない寂しさやもどかしさに包まれています。電話やネットなどでそれぞれの思いを確認しながら過ごすしかありませんね。声をかけあって、つながりを確認し、そのことに安心しながら、心の健康を保つ努力が必要かもしれません。また、自粛という中での運動不足解消も必要ですから、上手に工夫して体を動かすことを考えましょう。また、笑うことも少なくなったこの頃、私は友だちとの長電話が最高のストレス解消、友情に感謝の日々です。新しい生活様式の中、暮らしの中での新しい発見を求めてコロナ禍を乗り越えましょう。

 

このところ新聞にも大きく取り上げられるようになったワクチン開発の記事に希望をつなぎながら、終息を祈るばかりです。

 

先日は、まどかぴあで「おとなの楽校」と「ティータイムスペシャルコンサート」を開催しましたが、おかげさまで無事に終えることができました。スタッフは何回もシミュレーションを繰り返し、消毒、検温、マスクの着用、密を避けるために入場や退場にも制限をさせていただきましたが、すべての面で皆さまのご協力を頂き順調に動きを進めることができました。「まどかぴあご利用のお客様は、粛々と動いてくださり本当に素晴らしいと思いました」とあるスタッフが感動していました。皆さまのご協力に心より感謝申し上げます。

 

「おとなの楽校」では、中村哲先生と現地で30年以上活動された藤田千代子さんの講演、さまざまな出来事を映像とともにその活動状況をしっかり伝えて下さって、心に迫るものがありました。「中村先生の写真があまりにもたくさん出てきたものですから」と講演時間いっぱいのお話、いまでも中村先生がアフガニスタンにいらっしゃるような気になったものです。夜は静かにモーツアルトを聴いておられたとか、アンケートには中村先生の偉大な功績に対する感動のお声が重なっていました。

ペシャワール会の方々が当日お手伝いに来て下さいましたが、たくさんの受講生の方々からの募金に感謝しながらこれからの活動の継続を誓っておられました。

 

まどかぴあでは、新型コロナの感染状況を判断しながら、これからの活動を模索してまいります。情報紙アテナやホームページからのご案内にもご注目下さい。

 

厳しい暑さがやって参りました。どうぞ、お元気でお過ごしください。

[No.108] 新しい生活様式の中で

更新日2020年07月07日

お元気ですか!

今年は、いつもと違う春を過ごし、いつもと違う夏を迎えました。何だか半年が長かったような短かったようなコロナ禍の中での日々、誰もが生まれて初めて経験することばかり、私自身も心が萎みそうになりました。まだまだ大変な日が続きますが、まどかぴあも休館から明けて新しい取り組みに向かっています。

 

7月に入って、図書館は密にならない工夫をしながらご利用いただいていますし、生涯学習センターの講座、男女平等推進センターアスカーラの講座も始まりました。少しずつ、用心しながらのスタートです。皆様には、マスクの着用、検温、手指消毒をお願いしながら、まどかぴあもできる限りの取り組みを続けております。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

また、「おとなの楽校」が7月18日(土)、「ティータイムスペシャルコンサート」は19日(日)に開催です。

800席の大ホールに120席という、間隔をあけた状態での開催にいたしました。おとなの楽校は西日本新聞に大きく取り上げていただいたこともあり即日完売、アフガニスタンで中村哲さんがお亡くなりになってちょうど半年ということもあり皆さまの思いの深さが伝わってきました。当日は、30年以上中村哲さんの右腕として現地の医療活動に携わっておられた看護師の藤田千代子さんが映像を交えて講演してくださいます。

 

個人的なことですが、私は福岡高校の一年後輩です。一昨年の福岡高校の100周年のパネルディスカッションでご一緒させていただきましたが、そのときの映像をほんの一部ご紹介させていただこうかと思っています。

ディスカッションの最後に、こんなことをおっしゃっていたのです。

「やりたいことはたくさんあって、それも大きいですけど、何せ年齢制限というものが人生にはあります。しかし、私たちの仕事そのものは私一代で終わるべきものではありません。これを次の世代に受け継いでいこうということで今、いろいろと努力をしております。(中略)私は五十年か百年の内には何とかあそこが緑になってくれれば、と活動を続けていきたいと思っております」と。

また、「論語教育を受けて育ちましたが、一番心に残っているのは孔子が弟子に、人生で一番大切なことは思いやりであるとおっしゃったこと。どんな人に対しても自分がされて嫌だと思うことを人にしてはいけない、思いやりがあればどんなことでもできると、私もそう思います」とも話されました。

本当に、温かく、優しく、そして自然体の素晴らしい方でした。

当日は、藤田さんのお話を聞きながら、中村哲さんの壮大な生き方に触れていただけることでしょう。

 

さて、新しい生活様式の中でのまどかぴあのこれからの活動について、今職員みんなで考えているところです。さまざまなイベントの開催が難しく立ち止まっているのでなく、何かできることはないだろうかと模索しています。まどかぴあにできること、まどかぴあだからやらなければならないことがあるはずです。しっかり取り組みながら前進いたします。

 

暑さの中、新型コロナウイルス対策のマスク生活も大変ですが、どうぞお元気にお過ごしください。

[No.107] まどかぴあ 開館いたします

更新日2020年05月27日

お元気ですか!

いかがお過ごしでしょうか。

 

まどかぴあも、やっと6月1日、開館いたします。

図書館は一足先に開館しておりましたが、さまざまな部門で状況を見ながら動きを進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。各担当の具体的な動きに関しましては、ホームページの重要なお知らせのコーナーをご覧ください。

皆様に安心してご利用いただけますように、新しい生活様式に合わせて、館内の「密」を防ぐための準備などをしっかり進めております。

 

長い自粛生活から、やっと明るい光が感じられるニュース、5月25日、「緊急事態宣言、全国で解除」という文字が新聞に躍りました。福岡県は一足先に解除になってはいたものの、私たちの心の底にはまだまだ感染への不安がワインの澱のようにしっかり残っていて、急に喜んだり、パッと外に飛び出すような気持ちになれないのが現状です。

 

WHOが、この解除を受けて日本の対応を「成功」と評価したということですが、日本人の真面目な自粛生活の厳守は、やはり大きな効果があったということなのでしょうし、その陰で日本の医療従事者の皆さんの貢献を忘れることはできません。

 

毎日、感染者数に一喜一憂しながら、その棒グラフの右肩下がりを願いながら見つめていました。感染者数の減少にはホッとしているものの、第2波への不安が残ります。先日の日本経済新聞に、東京大学の試算によると自粛解除30日で感染者増という見出しがありました。感染拡大を防ぐには、やはり「行動自粛を継続すること」だそうです。

私たちにできることをしっかり守って、第2波の襲来を何としても防ぎたいものです。

 

さて、マスク暮らしも長くなりそうですが、このところの暑さで、マスクの中が「蒸」「密」で息苦しくさえ感じることがあります。何か快適なマスクはないものかと思案中です。

そんな中、引き出しの奥に麻の白いハンカチを発見、これで風通しの良いマスクができないものか、しかし、風通しがよすぎるとマスクの意味がなくなるだろうか・・・。

取り敢えず、間にガーゼを挟んで、一枚試作品を作ってみることに。久しぶりに裁縫道具を出したところです。

 

季節の変わり目です。皆さま、お気をつけて、お過ごしください。

PAGE TOP