ホーム

館長の部屋

館長の部屋

[No.82]おとなの楽校へのご案内です!

更新日2017年12月12日

寒くなりました。お元気ですか!

まどかぴあの図書館が発行する情報誌 Paralaに星野立子さんの句がありました。

 

しんしんと

   寒さがたのし

       歩みゆく

 

さあ、背中を伸ばして、寒さとともに冬を楽しむくらいの気持ちで過ごさなければと思ったことです。風邪をひかないように、元気に活動的に過ごしましょう。

 

さて、そのPalaraでも紹介されていますが、1月20日(土)の「おとなの楽校」は「夏目漱石と村上春樹」です。時代の転換期に生まれた国民的作家二人の共通点に迫ります。1867年、大政奉還の年に生まれた夏目漱石、1949年敗戦から4年経った年に生まれた村上春樹、二人は日本が大きく変化する時代に生まれているのです。二人の作品を読み比べながら、その時代の日本をどのように見ていたのかということについても考えてみたいと思います。

先生は、九州大学名誉教授の岡野進先生とナレーターの生野文治先生です。

岡野先生は、デビュー以来ベストセラーを重ねながら殆ど理解されることのない村上春樹の孤独なありように魅せられて研究に従事されたのだそうです。研究者としての視点から二人の人となりや作品について詳しくお話を伺うことにしています。

 

その中で、今回の授業の目玉は、それぞれの作品の朗読が入ることなのです。元RKB毎日放送のアナウンサーからナレーターとしてNHKの「ためしてガッテン」など全国区で活躍されている生野文治さんに、二人の作品を読んでいただきます。

 

夏目漱石は、『夢十夜』の第三夜、『文鳥』など

村上春樹の作品も聴かせていただきたいと思っていますが…

作品を聴きながら、その作家に迫るという何とも贅沢な授業です。

 

先日、生野文治さんが映画のシーンを朗読するというイベントに参加しましたが、言葉が躍り出てくるような感覚で、その映像を想像する楽しさに感動しました。素晴らしい朗読です。きっと当日はいい学びの時間になるでしょう。ぜひ、お揃いでお出かけください。

 

まどかぴあ総合案内でチケット好評発売中です。受講料は500円です。お待ちしています。

[No.81]まどかぴあも冬に向けて

更新日2017年11月22日

お元気ですか!

急に寒さがやってきて、慌ててコートを取り出しました。

博多弁に「びったれおどし」という言葉がありますが、まさにびったれ(無精者)も慌てて冬物を取り出さなくてはならないほどの寒さの到来です。今年はインフルエンザの流行もささやかれていますから、風邪予防に取り組まなければなりませんね。

 

急な冷え込みとともに街路樹の色づきは加速し、落ち葉とともに様々な施設のクリスマスイルミネーションが点灯しています。今年も工夫を凝らした金銀ブルーのきらめきに心躍らせています。

 

まどかぴあも冬に向けて、ワクワクの企画で皆様をお待ちしています。

チケットの発売が始まった「かがみのかなたはたなかのなかに」は、好調な動きを見せています。(友の会11月21日(火)、一般11月28日(火)両日とも10:00~発売開始)

公演は来年の1月24日(水)19:00開演。

出演は、近藤良平、首藤康之、長塚圭史、そして松たか子

【あらすじ】

ある日、たなかは かがみの向こうのけいこにひとめぼれ。

つられてかなたもけいこに恋をする。

 

向こうでかなたがけいこに近づくと、

たなかはこちらでこいけに近づいてしまう

 

けいこを取りあうふたり、

それがだんだんうれしくなるけいこ。

音楽と踊りでつむぐ、ちょっぴり皮肉な物語、どのような展開になるのでしょうか。

ぜひ会場で、鏡の向こう側でくりひろげられる動きをお楽しみください。

 

チケット料金は、一般(前売)5,000円、25歳以下(前売)3,000円

まどかぴあ総合案内で、お好きなお席をお早めにお求めください!

[No.80]まどかぴあ市民大学「おとなの楽校」3時間目のお誘いです

更新日2017年10月10日

お元気ですか!

日に日に秋が深まって、実りの秋を実感しています。

先日は、栗をたくさんいただいたり、ご自分の畑でとれた落花生を届けていただいたり…

とても有難く、ワクワク楽しい食欲の秋に突入している私でございます。

 

さらに、秋の楽しみには「おしゃれ」。美しい色のスカーフをジャケットに加えたり、薄いコートを羽織って秋風とともに歩くのも、これからいい季節ですね。

 

さて、11月のまどかぴあ市民大学「おとなの楽校」は“消費者目線を磨く授業”です。

様々な店舗の取り組みを知ることにより、賢い消費者になることを願って企画しました。

タイトルは『マーケティングって何だろう?~企業の戦略を知ってみよう~』というものです。タイトルはちょっと難しそうですが、面白くなりそうですよ。

 

西南学院大学准教授の佐藤正弘先生のお話を真ん中にマーケティングを楽しく学びたいと思っています。

今回は、博多駅前「KITTE博多」の中にある「博多マルイ」の営業担当の北井治彦さんにも加わっていただき、新しいお店ができるときの具体的な取り組みについても詳しくお話を伺います。

 

他のデパートにはない様々な取り組み、マルイの「ラクチンシリーズ」をご存知ですか?

「ラクチンきれいシューズ」をはじめとしてバッグ、パンツ、スカート、トップスなどがあるのです。マルイのラクチンシリーズの動きは、今やトレンドなのです。

新しいお店ができるときどのような動きがあるのか、どのくらい“人”の声が反映されているのか、“店づくり”にはどのような具体的な作戦がなされているのか等々、消費者として詳しく知りたいものです。

博多マルイの開店にも関わってこられた佐藤先生には、マーケティングのご専門の立場からその展開について理論的に語っていただこうかと考えています。

 

消費者の心を読みながら動く店舗、その動きに敏感に反応する消費者、トレンドを深く読み取るために、会場では受講生の方々と共に語り合い、学びあう時間を作りました。利用者、消費者としての疑問や質問なども交えながら進行します。

お友達とご一緒に〝博多マルイ・ブラブラ散歩〟のような気分でお出かけください!

まどかぴあ市民大学「おとなの楽校」3時間目は11月18日(土)開催。会場はまどかぴあ2階小ホール、14時開演です。授業料(チケット)は一般500円。まどかぴあ総合案内にてお買い求めください。

[No.79]風も秋色、まどかぴあの秋…

更新日2017年09月05日

 

お元気ですか!

暑かった夏もやっとおさまって、秋の気配が漂ってまいりました。

厳しい暑さに息苦しささえ覚えた夏の日々、しかし、風が秋色になると、ほっとしながらも一抹の寂しさが漂う季節の変わり目です。

 

さあ、まどかぴあも忙しい秋になります。

「深夜放送同窓会」につづいて「おとなの楽校」の2時間目は9月16日(土)です。

今回は、高齢者歯科学分野の第一人者でいらっしゃる福岡歯科大学教授の内藤徹先生をお迎えします。「口から始める健康づくり」というテーマでのお話はとても興味深く、私たちが日々感じている口の中のことや誤嚥性肺炎の予防についてしっかり学ぶことができそうです。

 

私も、時々“誤嚥”を経験します。

食事中におしゃべりしていて思わずむせたり、飲み物を焦って飲み込んだ時に咳き込んだり、時には自分の唾液にむせたり…、加齢を実感することが多くなりました。

この誤嚥が肺炎の原因になるということを知ってはいましたが、今肺炎の原因のほとんどが誤嚥なのだそうです。口の中の細菌が肺に流れ込んで起きるものだということですから、口の中の汚れについてきちんと知ることが大切です。口の中は細菌の塊といっても過言ではないそうです。

しっかり学んでおきましょう!元気で長生きするためには情報弱者にならないこと、予防できることはきちんとチェックしましょう。

お友達とご一緒にお出かけください。チケットは500円で総合案内にて発売中です。

さて、10月には素晴らしい舞台の演目が皆様をお待ちしています。

橋爪功さんと井上芳雄さんがふたりの男の心理ゲームを演じます。この舞台では気鋭演出家森新太郎さんが名優 橋爪さんと若き実力派 井上さんとともに、素晴らしい夢の舞台をつくり上げて下さいます。

この「謎の変奏曲」は、二人の息づかいが聞こえるようなお席で鑑賞していただきたいものです。

是非、お早めにチケットをお求めください。

開催は10月7日(土)17:30開演と10月8日(日)13:00開演の2公演ございます。

こちらは指定席8,800円です。総合案内にお問い合わせください。

そして、まどかぴあがお届けする舞台創造プログラム「演劇映像上演会×パネルトーク」。

9月17日(日)14:00からは、ゴジゲンの「ごきげんさマイポレンド」

10月14日(土)14:00からは、田上パルの「合唱曲第58番」

会場は小ホールで全席自由。チケット料金は1,500円です。

 

まどかぴあがお届けする“秋”にご期待ください!

[No.78]暑中お見舞い申し上げます!

更新日2017年08月04日

天気予報の最高気温を見るたびに、大きなため息をついています。

福岡は特に暑い日が続きますね。

朝倉の被災地の方々のことを思うと、胸が痛みます。そんな中ボランティア活動に汗を流す方々、本当にお疲れ様です。

様々な面での復興の様子は伝わってきますが、被災者の方々の具体的な物事の解決にはまだまだ時間がかかると思います。先の長い取り組みになることでしょう。心からお見舞い申し上げます。

お見舞いの気持ちをどのように表現するのか、私たちは大きな宿題を抱えているのだと思います。

 

さて、まどかぴあも夏のイベントの準備中です。

一番近いところでは8月20日(日)の「ピノキオ または白雪姫の悲劇」。

宮本亜門さん演出の親子のためのファミリー・ミュージカルです。夏休みのお子さんとの思い出づくりにぜひお揃いでお出かけください。

先日、総合案内で「どこからがいいかしら?二人の子どもと一緒に来たいと思って…」と一生懸命席を選んでいたお母さんの横顔は輝いていました。キラキラの夏の思い出は、親子にとっての宝物になるのです。

最近、インタビューしたあるアーティストは「母が私にくれた一番大きなプレゼントは映画と観劇、いつも新しい感動を見つけに連れて行ってくれたのです」と仰ってました。感動の舞台で、お待ちしています。

そして、9月10日(日)はお待ちかね「深夜放送同窓会パート7」です。

立川生志師匠の落語に大笑いしていただいた後は、佐田玲子さん、トワ・エ・モワのステージです。スマッシュ11のパーソナリティ井上悟さんもますますお元気で、出演を楽しみにされています。

このイベントを中心になって動かしているのは実行委員会のメンバーの方々、先日も実行委員会を開催しましたが笑顔で大集合でした。本番当日はお昼からギャラリーモールで様々なお店が開きます。個人商店の作品もあれば、大木町のキノコ、田主丸のぶどう、八女のお茶など盛りだくさんです。そういえば今年は、あのおいしい巨峰が田主丸町に生まれて60周年なのだそうで、特に張り切っていらっしゃいます。

まどかぴあ玄関に立つ「深夜放送同窓会」の入場門も完成、さまざまな飾りつけの真最中です。この実行委員会のみなさんの中に、お知り合いの方がいらっしゃいませんか?

こちらもチケット残りわずかです。お出かけをお待ちしております。

PAGE TOP