ホーム

館長の部屋

館長の部屋

[No.117] 新年度のスタートです

更新日2021年03月31日

お元気ですか!

美しい桜から新緑へのバトンタッチ、ぐんぐん緑が伸びているのを見ると、頑張らなければという気持ちが膨らみます。4月というのは、誰でもいくつになっても“新一年生”が似合う、何か新しいことを始めるには最適のシーズンですね。

 

新年度、大野城まどかぴあも各課それぞれの事業に向けて動き出しました。

4月から、まどかぴあで新しいことにもチャレンジなさいませんか。

 

図書館は、子ども読書の日記念事業「第15回図書館子どもまつり」が17日の「図書館ラリー」でスタートです。これは、期間中おはなし会に参加したり本を借りたりしてシールを集めると景品と交換できるというお楽しみ付きです。24日土曜日は10時から15時まで年齢別の「わくわくおはなしひろば」、赤ちゃんから小学生向けまで3階のふたつの会場で開催します。お子さんやお孫さんと一緒にご参加ください。

 

生涯学習センターは、一年間講座、半年講座合わせて73講座がスタートしました。多くの受講生の皆さんに楽しい学びの時間をお届けできるようにと職員一同張り切っています。また、人気の短期講座もこれから様々な分野で展開予定ですから、ご期待ください。

5月からの短期講座のひとつ「はじめてのハープレッスン」をご紹介します。

オルゴールのような美しい音色を楽しむことができるハープ講座。膝にのせて弾くことができる15弦のサウルハープはレンタルで受講できます。

4月14日から受け付け開始。(詳しくは生涯学習センターへ)

文化芸術振興担当は、映画やコンサートを始め多くのイベントを計画しています。その主催事業を、より楽しんでいただくための「大野城まどかぴあ友の会」の会員募集中です。多くのお得な特典があるグランド会員(年会費1500円)やイベント情報のメール配信などのサービスがあるWEB会員(年会費無料)など、詳しくはちらしなどでご確認ください。ご入会をお待ちしています。

 

男女平等推進センターアスカーラでは、男女共同参画社会づくりに向けての活動を多くのボランティアの方々とともに進めてまいります。誰もがいきいきと活躍できる社会の実現にはまだまだハードルの高い日本ですが、人々の意識改革でその動きが加速するかもしれません。そのためにも様々な分野の講座を企画しています。

私も、5月15日開催の「もっと前へ!のびのびと!男女共同参画社会づくりに向けて」という講演に向けて、一生懸命レジュメ作成中です。よろしければ是非ご参加ください。

 

そして、7月から開校する「おとなの楽校」も、まもなく受付が始まります。お楽しみに!

 

今年度も、まどかぴあらしい事業の展開で、皆さま方のご参加をお待ちいたしております。

[No.116] ラジオで開催!深夜放送同窓会

更新日2021年03月22日

お元気ですか!

いつもより早い花便りに驚きつつも、コロナ禍の花見はどうしたものかと思案中の日々です。「まだ、コロナの中にいたの?」と桜の花が驚いているかもしれません。

しっかり感染対策をしながら、穏やかに春を満喫したいと思います。

 

さて、こちらもコロナ禍ということで開催を思案した結果、ラジオでの開催となった「深夜放送同窓会」のご報告です。

 

2月23日(火・祝)午後1時から7時までのRKBラジオでの生放送はあっという間に過ぎていきました。

RKBのスタジオとまどかぴあ多目的ホールの二元生放送ということで、RKBのラジオカースナッピーが朝からまどかぴあに常駐、井本市長はじめ実行委員さんや多くの方々にインタビューしながらの放送になりました。

スタジオは井上悟さんはじめ多くのパーソナリティの出演、そして、佐多玲子さんがミニコンサートを繰り広げるという賑やかさ。また、これまでの出演者井上陽水さん、永井龍雲さん、立川生志さんへのインタビューも実現しました。

思いがけない展開はラジオだから実現できたことかもしれません。

 

何より感動的だったとRKBでも評判だったのは、実行委員さんたちのコメント、それも全員の方々のことばを音楽の中にはさむという録音構成。これは、実行委員でもあったRKBの津川ディレクターの力作でした。

曲は、ケネディ大統領の演説とコーラスで繰り広げられる自由の讃歌です。 

TogetherTogether♫というコーラスの歌声に続いて実行委員さんの声「皆さんと一緒に活動できてよかった」♫「最高の思い出でした」♫「楽しかった、ありがとう」♫などなどお名前とともに皆さんの深夜放送同窓会への思いがつながって音楽と交錯するのですから、思い出の宝物になったようです。

 

スタジオに寄せられた聴取者の方からのコメントは「羨ましいような仲間意識、いいなあとおもいます」「懐かしい時間をありがとう」などのメールが重なっていました。

 

2011年にスタートした「深夜放送同窓会」、おかげさまで原点であるラジオでファイナルを開催することができました。

 

ボランティアで笑顔の活動を貫いて下さった実行委員の皆さま、そして、ずっと応援して下さった皆さま方に心より感謝申し上げます。

[No.115]春の花、満開のまどかぴあです

更新日2021年02月26日

お元気ですか!

三寒四温を繰り返しながら、季節は春に向かっています。

花は、梅から桜へ・・・・

そんな中、まどかぴあは今、一足先に満開の春を迎えています。

ギャラリーモールのフラワーオブジェを見にぜひお出かけください!

こんな感じです。素晴らしいでしょう!

新型コロナウィルス感染拡大に伴う花きの需要の低迷で影響を受けた福岡県産の花きの消費促進を進めることを目的に、福岡県花卉農業協同組合、花あふれるふくおか推進協議会、大野城まどかぴあの共催で、福岡県産の花きを使ったフラワーオブジェの展示を行っているのです。

「まどかぴあ おとなの楽校」の“花のあるくらし”のプレイベントでもあります。

 

 

アレンジしてくださったのは大野城市下大利の“フラワーショップ トビマツ”の飛松誠自さん、なんと2012年と2018年に花束・アレンジで内閣総理大臣賞を受賞された方です。そして、一緒にアレンジしてくださったスタッフの江崎智美さんは2019年 JFN全日本フラワー技術選手権のチャンピオン,農林水産大臣賞を受賞されたそうです。お二人はまどかぴあのギャラリーモールで1日がかりでフラワーオブジェを製作されました。素晴らしいお仕事ぶりでしたよ。

 

3月9日まで、3クール展開され、今は2期目黄色のバージョンです。私もずっと立ち止まって眺めては写真ばかり撮っています。1期目はピンクの花盛りでした。3期目は何色になるのでしょうか。ぜひぜひ、お出かけください!素晴らしいフォトスポットですよ。

 

追記

3月4日(木)より3期目が始まりました。赤色のお花に変わっています!

[No.114]光の春です

更新日2021年01月28日

 寒さの中にも、日脚が伸びて、窓から差し込む日差しは力強くキラキラと光っているようです。

光の春とはいえ、コロナ禍の自粛続きで心はなかなか晴れませんが、前向きに歩まなければなりませんね。

 

 新型コロナの影響を受ける中、まどかぴあの事業の開催などにつきましては、ホームページでご案内しておりますのでそれぞれご確認くださいますようお願いいたします。

 

 そんな中、今着々と準備を進めているのは「深夜放送同窓会」です。今年はコロナ禍ということで会場での開催が危ぶまれたことから、深夜放送の原点ラジオでの開催にいたしました。

RKBラジオのご協力で、2月23日(火・祝)午後1時から7時までの6時間の生放送が実現しました。百道浜のRKBラジオのスタジオと大野城まどかぴあの多目的ホールとの二元生放送になります。多目的ホールには実行委員のみなさんが集合、これまでは800席の会場での盛り上がりでしたが、今回はRKBラジオのエリアはもちろんのこと、ラジコを含めると日本中に大野城市の風をお届けできそうでワクワクしています。

 

 スタジオには、スマッシュ11のパーソナリティだった井上悟さんや同窓会に毎回出演して下さった佐田玲子さん、その当時のラジオパーソナリティの皆さんがリレー形式で出演予定です。そしてこれまでの出演アーティストの中からも電話でメッセージを下さる方がありそうですから、当日は6時間の生放送の展開にご期待ください。

 

 1960年代後半から70年代にかけて昭和元禄といわれた時代、69年日本のGNPは世界第2位になり、流行語は「エコノミックアニマル」「モーレツ」、70年に開催された大阪万博には月面探査機アポロが持ち帰った月の石が話題になりました。日本の高度経済成長の締めくくりのイベントだったともいわれます。

 

 当時のファッションは「パンタロンスタイル」「サファリルック」「スケスケルック」「アメリカンカジュアル」「ジーンズスタイル」・・・

 そして、ビートルズ、ローリングストーンズ、モンキーズ、サイモンとガーファンクル・・

日本のヒット曲は「受験生ブルース」「白いブランコ」「ある日突然」「学生街の喫茶店」「旅の宿」「神田川」「心の旅」・・・

福岡から、井上陽水、海援隊、チューリップ、甲斐バンドがデビューしたころです。

 

 そんな時代に、ラジオと聴取者との距離が縮まったともいわれる「深夜放送」がとても元気でした。あの頃、青春時代を過ごした方々とともに「まどかぴあpresents深夜放送同窓会」をラジオで開催します。

当日は、リクエストやメッセージを受け付けながら番組を進行してまいります。

お友だちを誘って、ご一緒に番組にご参加ください。

 

[No.113]新年あけましておめでとうございます

更新日2021年01月04日

お健やかに新しい年をお迎えのことと存じます。

旧年中は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

昨年は、コロナ禍という思いがけない出来事に直面し右往左往、誰もが初めて経験することばかりだったような気がいたします。

まどかぴあも、事業の中止や延期、休館という厳しい現実と向き合いながら過ごした年でした。

新しい年は、新型コロナウイルス感染症の収束を願いながらスタッフ一同前向きに頑張ってまいりますので、温かいお付き合いをよろしくお願い申し上げます。

1月から2月にかけては各担当で多くの事業を予定しております。

 

「おとなの楽校」4時間目は「日本絵画の旅、海外との往還」、安土桃山から江戸時代にかけて日本の絵画が世界との親善大使の役割を果たしていたという興味深いお話です。

図書館では「図書館へゆこう!!2021年」、お子さん向けをはじめ多彩なプログラムでお待ちしています。

男女平等推進センターアスカーラでは実行委員会のみなさんと一緒に第4回男女共生フォーラムに向けて準備の真最中です。

生涯学習センターはこの季節ならではの日本酒や手まり作りなどの楽しい「短期講座」をいくつも予定しています。

文化芸術振興担当は、大ホールの特設能舞台で能舞音楽劇「義経記」や「音で楽しむ能の世界」、そして、今年の「深夜放送同窓会」は、初めての試みRKBラジオとのコラボで6時間の生放送でお届けします。ラジオカースナッピーがまどかぴあにやってきてRKBのスタジオとの二元放送になります。ぜひ、見学にお越し下さい。

 

日時など各事業の詳しいことは、ホームページやまどかぴあ情報誌アテナでご確認ください。

 

コロナ禍、厳しい状況ではございますが、スタッフ一同、感染対策を万全にしながら頑張って取り組んで参りますので、ご安心のうえまどかぴあの事業にご参加くださいませ。

新しい年も、ご来館を心よりお待ちいたしております!

PAGE TOP