ホーム

館長の部屋

館長の部屋

[No.96]令和の時代へ

更新日2019年04月11日

お元気ですか!

長く楽しませてもらった今年の桜も花吹雪となり、ひらひら舞い踊りはじめました。花びらの中に佇むと昔の思い出の中に引き戻されたり、これからの人生を考えたり・・・何とも言えない感傷的な気分になるから不思議です。私自身は、半世紀以上も前の小学校入学式の日、母に手を引かれて心細い思いで門をくぐったことが今も思い出されます。

そして、桜にかわって新緑が輝き、日に日に緑の山は膨らんで山滴る頃へと、力強い季節の移り変わりに負けないように頑張らなければと思っています。

さて、新しい元号「令和」の発表に心躍らせた4月のスタートとともに、まどかぴあも新しいスタッフを迎え慌ただしく動いています。

図書館では入口に「令和」の特別コーナーを設えて、万葉集や新聞の号外など、その背景にある物語をお伝えしています。

万葉集の巻五、梅花の歌の序文は皆さまもう何度もお読みになったことでしょう。「初春令月、気淑風和(初春の令月にして、気淑く風和ぎ)・・・」の部分がその出典です。万葉集の編纂は大伴家持と言われていますが、その父親の大伴旅人は天平2年正月、管下の国司や高官を招いて宴を開いていたそうです。そこに集まった人々が梅の花を見ながら詠んだ歌32首が万葉集に収められています。

 

大伴旅人は、神亀五年(728年)に妻の大伴郎女を伴って大宰府の長官に赴任してくるのですが、翌年に妻を亡くし落胆の日々を送ります。その傍らで旅人を慰め、そばに寄り添っていたのが山上憶良でした。二人はともに酒を酌み交わしながら語り合い、歌を詠むのです。宴は歌会となり、筑紫に歌壇ができるきっかけになったのです。二人の歌は万葉集の中にたくさんあるのですが、その中には時代を超えて、今私たちの心に重なるような人生を想う歌が数多くあるのです。和歌を以て春の情緒を詠み、お酒を酌み交わしながら様々なことを語り合っていたのでしょう、大伴旅人は酒壺になりたいというほどお酒が好きだったとか、いくつかの歌に人間味を感じたものです。

当時の大宰府の官僚たちは、花や月を愛でながらよく歌会をしたのだそうです。今は花見といえば桜ですが、その当時は梅の花を眺めながら歌を詠む、それが「梅花の宴」です。宴の場所は大伴旅人邸、今話題の太宰府政庁跡近くの坂本八幡宮です。

わが苑に梅の花散る久方の天より雪の流れくるかも 大伴旅人(万葉集巻五・338雑歌)

私は、数年前にラジオの番組で万葉集の特集を担当して、大伴旅人や山上憶良の歌に触れたのですが、およそ1300年前、人生を語り合う二人の姿を想像しながら、その友情とほのぼのとした温かい人間性に深く感動しました。久しぶりにまた万葉集の頁をめくっています。

さて、5月から新しい元号「令和」のスタート、明るく平和ないい時代でありますようにと心から願っています。まどかぴあのボランティア飾り隊メンバーで書家の志賀禮華さんが、新元号スタートに合わせて、今作品を制作して下さっています。まもなくギャラリーモールに飾られる素晴らしい「令和」の文字にご期待ください。

[No.95]花咲く春に向かって

更新日2019年03月13日

 鶯の鳴き声が聞こえてきました。そして、その声にこたえるように花々がその蕾を膨らませています。福岡は全国で一番桜の開花が早いという予報で、ワクワク心が浮き立ちます。みなさんのお近くの桜の花芽はいかがですか?

 

まどかぴあも新しい年度へ向かう心構えの真っ最中です。

どうぞ新年度もよろしくお願いいたします。

 

3月は、「草野仁 講演会」、「さだまさしアコースティックコンサート」や、「ティータイムスペシャルコンサート」、「シネマランド特別企画“樹木希林 特集”」など、とても賑やかなことでした。

すべて大好評でホッとしているところです。

 

男女平等推進センターアスカーラ第2回男女共生フォーラムでご登壇いただいた草野仁さんは、その笑顔とお人柄で会場の方々の心を和ませてくださいました。男女共同参画についてのお話も、メディア現場の変遷を通して女性の活躍を具体的に語ってくださいました。

 

さだまさしさんは相変わらずのトークと楽曲の数々。会場は笑いに包まれ時には考えさせられることも…。そしてその素晴らしい歌声に酔いしれて、本当に素敵な時間でした。ご来場の皆さんは「本当によかった!ありがとう!」と言いながら会場を後にされました。

 

さだまさしさんのコンサートの前に隣の大野城心のふるさと館では、妹の佐田玲子さんが「ふるさと」をテーマに楽しいトークと歌の世界を繰り広げてくださいました。

250人を超える来場者の方々に「雨の中に、よう、こげん集まってくださって、ありがとうございます。うれしか!」「私のコンサートが終わったら、ほら、急いでまどかぴあの兄のところに行ってよかとよ!」と長崎弁のトークは懐かしい“ふるさと色”。大野城心のふるさと館のエントランスは穏やかな懐かしさに包まれました。

さだまさしさん・佐田玲子さん兄妹の2つのコンサートは、2つの館のつながりを深めてくださったような気がしています。隣同士の施設としてこれからどのような連携ができるのか、みんなで考えているところです。大きな課題ですが、楽しみながら進めて行きたいものです。ちょっと寄り道をと、どちらにもお出かけください。

 そういえば、先日のティータイムスペシャルコンサート『音の絵本・朗読と室内楽で描く“宮沢賢治の世界”』のご来場のお客様について、図書館の職員から聞いた嬉しい話。

「コンサートの帰りに宮沢賢治の本を借りる方がとても多くいらっしゃいました。」ですって。

素敵な寄り道だと思いました。

[No.94]まどかぴあ、早春のご案内!

更新日2019年02月12日

お元気ですか!

梅の香りとともに、三寒四温を実感しながら2月を過ごしています。

この冬もインフルエンザが大流行していますが、予防にはまず何よりも規則正しい食事と充分な睡眠など基本的な生活習慣が大切だそうです。私も、今一度日々の暮らしを見つめ直さなければと考えています。

 

さて、先日ギャラリーモールでお会いした方に

「まあ、まどかぴあの3月は長崎の方が続けていらっしゃるのですね!」と言われました。草野 仁さん、そして、さだまさしさん、お二人とも長崎のご出身。

3月3日は草野仁さんの講演会、3月6日はさだまさしさんのアコースティックコンサートなのです。

まさに、九州・長崎の風に包まれそうです。

男女平等推進センターアスカーラの男女共生フォーラム「草野仁講演会」は、実行委員会の皆さんとともにアスカーラのスタッフはいまその準備の真っ最中です。

 

草野さんは、東京大学卒業後 NHKに入局され、スポーツを始め様々な分野で活躍されました。そして、フリーとして現在も多くの担当番組を持ちながら、そのパーソナリティはメディアの中でも貴重な存在です。

私も数年前あるイベントで対談しましたが、その明るく温かいお人柄とともに、長く活躍されていらっしゃるわけがいくつもあるような気がしました。色々なお話とともに、男女平等推進センターの事業としてマスコミ、テレビの現場における女性活躍のお話などに触れていただきたいと思っています。後半の30分ほどは私もトークの時間をいただきましたので、少し詳しく伺ってみたいと思っています。

チケットは500円、大野城まどかぴあ総合案内で発売中です。

ぜひ、ご友人とお越しください。

余談ですが私の友人が「“大野城・ふしぎ発見!”ですね」と喜んでいました。

そして、もうひとつの長崎は佐田玲子さんのミニコンサートの開催です。

玲子さんはさだまさしさんの妹さんで、まどかぴあの深夜放送同窓会では、いつもお世話になっている方です。

ミニコンサートはさだまさしさんのコンサートと同日で、16:00から。

大野城心のふるさと館で“ふるさと”を語っていただこうというものです。

ずいぶん前にラジオにご出演いただいた際、玲子さんからご家族の話をお聞きしたのですが、「昔、兄ちゃんは、夜中に曲ができると家族みんなを起こして、『聞いてください!皆さんどうですか!』とやるわけですよ・・・」なんておっしゃっていました。

ミニコンサートでは素敵な故郷の曲をたくさん歌ってくださることでしょう。心のふるさと館で開催中の「私のふるさと展」の写真とともに、故郷を想うよいひとときになりますように。

3月6日16:00から、心のふるさと館で開催です。

本当に楽しみですね。

[No.93]新年 あけましておめでとうございます

更新日2019年01月01日

 あけましておめでとうございます。

皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのことと存じます。

本年も皆様にとりまして、ますますお元気で明るい、よい年になりますようお祈り申し上げます。

新しい年も、大野城まどかぴあと笑顔のお付き合いをいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 今年も図書館、生涯学習センター、男女平等推進センターアスカーラ、文化芸術振興課、管理課・・・まどかぴあ職員一同、力いっぱい頑張って参ります。それぞれの立場で、利用してくださる方々の思いを大切に考えながら、前進して参ります。

どうぞ、様々なお声とともに応援していただきますよう、よろしくお願い申しあげます。

 皆さまは3階にある男女平等推進センターアスカーラの市民グループ活動支援事業をご存知でしょうか。

その支援事業に採択された大野城女性の会主催の25周年記念講演会「『可能性を信じていきいき未来』~ともに輝く男女共生社会へ~」に講演者、コーディネーターとして参加し、感動したことを書かせていただきます。

 

 大野城女性の会さんは、このシンポジウムを開催する準備段階として、大野城市の27公民館に対して、地域における男女共同参画についてのアンケートをとられました。実は、17年前にとられた同様のアンケートでは、「まだまだ」という感じでした。ところが、今回はすべての区長様方から前向きのコメントとともにしっかりお答えが返ってきて、そこには深い理解とともに積極的に応援したいというお気持ちが溢れていたのです。なかなか難しいといわれる地域にもだんだん変化が起こっていることを肌で感じることができました。

 

各分野での変革は始まっています。女性活躍推進法によって企業は変化を迫られ、202010(上場企業の女性の役員を10%に)とともに、202030(企業の指導的立場の女性を30%に)という目標に向けて、働き方改革も進んでいます。

そこで、地域でも女性がもっと活躍するとともに重要な役職にも就くということが求められます。

当日参加された各区長様にも直接ご意見を伺ったのですが、「積極的に賛成」という言葉も飛び出しました。しかし、女性たちも力をつけてほしいという注文も付けくわえられたのです。老若男女、ともによい関係の中で地域も変わっていくのだと実感しました。

このシンポジウムは、行政、教育分野、地域の代表をパネリストに語り合いましたが、それぞれに新しい動きが感じられるものでした。未来を生きる子どもたちが希望をもってのびのびと歩んでいける社会の実現に向けて、私たちはさらに努力しなければなりません。

 

新しい年も、様々な分野で新しい風を求めて活動してまいります。

[No.92]冬の足音が近づいてきましたね

更新日2018年11月16日

お元気ですか!

小春日和と木枯らしが交互にやってきて、季節は確実に冬に向かっています。

私自身も、インフルエンザの予防注射を受けて、風邪予防のための準備を始めました。

これから、寒さ対策、乾燥対策も必要ですね。気をつけて、元気に冬を乗り越えましょう。

 

 まどかぴあでは、今、ギャラリーモールに紫色のオーガンジーが窓辺に揺れています。これはDV防止キャンペーン「女性に対する暴力をなくす運動」のパープルリボンの取り組みのひとつです。11月25日の「女性に対する暴力撤廃国際日」まで、全国で繰り広げられているものです。パートナーなどからの暴力は人権を侵害するものであり、特に女性が被害者となることが圧倒的に多いのです。私たちのまわりの様々な人間関係の中で暴力的な行為や言動がないか、今一度振り返ってみなければなりません。

 

 まどかぴあの11月は、「おとなの楽校」「深夜放送同窓会」など、秋のイベントが盛りだくさん!そして、12月はシネマランドやティータイムスペシャルコンサートが待っています。

12月15日(土)のシネマランドは「サンタクロースになった少年」を上映いたします。心温まるサンタクロース誕生秘話です。北極圏ラップランドの美しい雪景色とともに、日本では劇場未公開の作品をご家族でごゆっくりお楽しみください。

また、12月16日(日)は13:30開演「歌と絵本で楽しむクリスマス」、16:00開演「おとなのためのジャズ&映画音楽」の2つのスペシャルコンサートが楽しめるのです。豪華な出演者の皆さんがちょっと早めにクリスマスの喜びと楽しさを届けてくださいます。お友だちとご一緒にお出かけください。

 

 

まどかぴあも、街のイルミネーションに負けないようにクリスマス色をお届けいたします。

 先日、博多座で中村獅童さんの新作歌舞伎「あらしのよるに」を観てきました。

5月に大ホールでトークと舞踊を披露してくださった獅童さんのこの舞台への意気込みは大変なものでした。15年前、きむらゆういちさんのこの絵本に出会い、いつかは歌舞伎にしたいと思っていたそうです。その舞台は絵本と歌舞伎の融合、伝統と革新のぶつかり合いが実現して、重々しい義太夫節とともに、狼と山羊の友情の物語が展開していくのです。

 捕食関係にある狼と山羊、〝喰うもの“と”喰われるもの”の関係を越えていく様子は感動的で、普遍的なテーマである人間の絆や友情というものをしっかりと教えられるものでした。客席に風が吹き雷鳴が轟き、狼の‶がぶ〟や山羊の‶めい〟が客席を走り回るという、ワクワクドキドキハラハラという時間でした。4歳のお子さんから入場可能な公演ということで、獅童さんは「ぜひ、子どもたちにキャーキャー言いながらみてほしい」と仰っていました。お子さんやお孫さんとともにお出かけになってもいいですね。獅童さんのお母様が生前「獅童が座頭をつとめられるようになったら、この物語をぜひ歌舞伎にしてやってください」と企画書を書いておられたとか。この秘話も心に響くものでした。

 

PAGE TOP