ホーム

館長の部屋

館長の部屋

[No.124] 長月、虫の音、お月さま

更新日2021年09月01日

お元気ですか!

いかがお過ごしでしょうか。

 

長かった8月の雨、新型コロナの感染拡大、先の見えない日々の連続で気持ちは萎むばかり、「いつになれば普通の暮らしができるのでしょうか」という声が重なって聞こえてきます。

少しでも明るい兆しが見えることを祈るばかりですが、新型コロナはデルタ株に置き換わって感染状況が変化しておりこれまで以上に子どもたちの感染や家庭内感染への不安が広がっています。その上、ブレークスルー現象などワクチン接種後の不安も付きまとい緊張感に包まれる日々です。

メディアから届く東京2020パラリンピックの選手たちの活躍に力をもらいつつも、アフガニスタン情勢など様々な面で不安材料を抱えた状況が続いています。

 

虫の声を聞きながらも、何だかため息の多い秋の始まりです。

 

心の中に少しでもパワーをと思って、本屋さんに行きました。

手にした中の1冊、樋口恵子さんの『老いの福袋』、88歳の樋口さんからの88の体験的メッセージです。「老いるショック!」の数々を読みながら、笑いました、考えました、そして、学びました。年を重ねるということは初めての体験の連続、確かにそうですね。それを樋口さんらしい知恵とユーモアでくぐり抜ける逞しさ、まさに「ローバは一日にしてならず」なのです。

人生100年時代を生きる人に勇気を与えるエッセイは深くて面白い!

「老年よ、大志とサイフを抱け」「見果てぬ夢を見るのは、老人の特権です。未来を夢見て、夢を語れば。きっとその夢を継いでくれる人があらわれます」等々、読めば納得することばかり、気持ちが少し前に向き始めました。

 

樋口さんは、随分前にまどかぴあの男女共同参画講演会で来ていただいたことがありますが、高齢者問題を含め社会が抱える様々な課題に向けて力強い発信を続けておられます。“88歳の現役”に改めて感動しました。

 

まどかぴあは緊急事態宣言の発令により臨時休館中ですが、職員一同様々な研修や準備を重ねながら開館に備えています。新型コロナが収束に向かい、安心して皆さま方をお迎えすることができますようにと願いながら。

 

新型コロナ感染対策とともに、どうぞお元気にお過ごしください。

[No.123] まどかぴあ 休館となりました

更新日2021年08月06日

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

 

新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからず、全国的に大変な状況となってきました。

福岡県では、「福岡コロナ警報」のレベルを「特別警報」に引き上げての発令、大野城市の公共施設も休館が決まり、大野城まどかぴあは急遽7日土曜日から休館となりました。

 

さまざまな事業にご参加予定の方々には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ホームページ上でご確認の上、ご対応宜しくお願いいたします。

 

感染予防にお気をつけいただき、くれぐれもお元気にお過ごしください。

[No.122] 8月の風

更新日2021年08月04日

お元気ですか!

うだるような暑さ、新型コロナウイルス感染症拡大という重い空気の中、オリンピック選手たちの姿に助けられる日々です。様々な声がある中でのオリンピック開催ですが、連日繰り広げられるスポーツのドラマはやはり感動的で、その活躍の向こう側にある選手たちの鍛錬の日々を思いながら観戦、テレビにくぎ付けです。

 

さて、まどかぴあでは、8月2日から、県独自の福岡コロナ警報直後の国のまん延防止等重点措置の発令で、開館時間が9時から20時までということになりました。感染防止に努めながら開催予定の各事業につきましてはホームページでご確認ください。しばらく御迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

新型コロナ収束に向けて、私たちも努力を続けなければなりません。基本は手洗いマスクだとか、兎に角、マスクを外しておしゃべりをしないことが大事だそうです。

 

先日は、まどかぴあ市民大学「おとなの楽校」で、大野城市の誠愛リハビリテーション病院院長の長尾哲彦先生に「元気なくらし 医療とともに」と題してお話をしていただきました。

医療の現場におけるコミュニケーションの重要性を再確認したことです。忙しい医療現場で“患者名人”であるためには、メモをもって的確に自らの症状やどのような治療を望むのかということなどの説明能力が必要だということがよくわかりました。そして、適度な運動の必要性に納得、まず散歩からでも始めなければと改めて思ったことです。

「先生のお話が、わかりやすく、お上手で、とてもためになりました」というお声が多く聞かれました。

 

次回は、「食とくらし、薬膳とともに」、日々口にする食べ物についてしっかり学びたいと思っています。薬膳とは・・・、宇津原知世美先生のお話にご期待ください。

さて、この絵は牛頸ダムの南側にある「さくらの園」の緑、画家でもあるまどかぴあの安河内俊明理事長の作品です。この緑をじっと眺めていたら、一服の清涼剤のように感じられ、ふと深呼吸したくなりました。いかがですか。一幅の絵は千の言葉を語るといわれますが、この爽やかな緑から広がる世界に浸ってみてください。

 

まだまだ厳しい暑さが続きそうです。お元気にお過ごしください。

[No.121] まどかぴあ 開館いたしました!

更新日2021年06月21日

お元気ですか!

 

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言により臨時休館しておりましたが、このたびの宣言解除を受けて開館いたしました。職員一同張り切って仕事に精を出しているところです。

引き続き、感染防止策に努めてまいりますので今後ともよろしくお願いいたします。

 

それぞれの事業などの状況につきましては、ホームページ上でご確認いただき、まどかぴあへのお越しをお待ちいたしております。

 

7月からは、まどかぴあ「こどものくに」事業が始まります。図書館のわくわくおはなし会「夜ばなし」やアスカーラの「夏まつり」、生涯学習センターの「クレイアート」「お習字」、文化芸術担当の「ダンス公演を作ろう」などなどお子さんを中心にしたイベントが目白押しです。夏休みのお子さんやお孫さんとのスケジュールに是非加えてください。

また、チケット好評発売中の劇団かかし座による[Wonder Shadow Labo]は、日本初の現代影絵専門劇団による驚きのパフォーマンスをお楽しみいただけます。こちらも、お子さんたちが大喜びされることでしょう。ご一緒にお出かけください。

夏休みの「こどものくに」は、お子さんの笑顔が集まることを願いながらそれぞれの事業を進めてまいります。

そして、まどかぴあ市民大学「おとなの楽校」がスタートします。

今年は、様々な分野から「くらし」について学び考える講座。

7月17日(土)、1時間目は「元気なくらし 医療とともに」です。

新型コロナウイルスの感染拡大が長く続く中で、誰もが自らの健康というものについて改めて考えることが多かったような気がします。人生100年時代などといわれるものの、加齢とともに低下する体力、気力、免疫力。その現実に向き合いながら元気なくらしをどのように保つことができるのか、私たちが抱える大きな課題です。そんな気持ちに寄り添ってお話しくださるのが今回の講師長尾哲彦先生(誠愛リハビリテーション病院院長)です。

 

長尾先生は、西日本新聞で「患者名人になるために」という内容の連載をされており、大変分かりやすく医療現場や医療従事者の方々との付き合い方を説いて下さっています。

 

複雑化する医療の現場について、かかりつけ医との関わり方など、私たちが普段なかなか診察室で聞けないことなどを具体的に教えていただこうと思っています。ご参加をお待ちいたしております。

チケットは、500円。まどかぴあ総合案内、WEBサービス、ローソンチケットでお求めください。

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

 

1時間目 2021年7月17日(土)


「元気なくらし 医療とともに」


講師:長尾 哲彦(誠愛リハビリテーション病院 院長)

 

患者さんと医療者は「同じ船に乗って荒波を乗り越える仲間」であるという基本的関係はかわるものではありません。みなさんが健康で幸せな毎日を送るために、医療機関と上手に付き合う「秘訣」を残らずお話ししましょう。

 

<講師プロフィール>

米国テキサス州ベイラー医科大学留学後、九州大学医学部第二内科助手、今津赤十字病院副院長、独立行政法人国立病院機構福岡東医療センター統括診療部長などを経て、2008年にみどりのクリニック院長に就任。2018年4月から誠愛リハビリテーション病院に赴任。福岡歯科大学非常勤講師併任。

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

 

[No.120] 緊急事態宣言延長、臨時休館が続きます

更新日2021年06月02日

お元気ですか!

 

例年になく早い梅雨入りに加えて新型コロナの感染拡大は収まらず、浮かない6月のスタートとなりました。

福岡県は緊急事態宣言の延長が決まり、大野城まどかぴあの臨時休館も6月20日まで延長となりました。

急な決定に、職員はさまざまな方法で利用者の方々への緊急連絡に当たっています。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

事業の中止や延期について、詳しいことはホームページ上でお知らせいたしておりますのでお確かめください。

 

ご不明の点やご質問などがおありでしたら、インフォメーションにお問い合わせください。休館中も9時から17時までスタッフが電話でのお問い合わせにお応えしています。

また、男女平等推進センターアスカーラでは引き続き総合相談や法律相談など各種相談をお電話でお受けしています。ご遠慮なく、ご連絡ください。

 

1日も早い新型コロナ感染の収束に向けて、ともにこの時期を乗り越えてまいりましょう。

 

このところ、巷で一番の話題はワクチン接種のことのようです。

「私は予約しました。あなたは?」「私も、やっと予約がとれました」「それはよかった」「早く進むといいですね」「本当に」・・・こんな声がよく聞かれます。

 

5月31日付けの西日本新聞一面には、「一般接種 前倒しも」という見出しが躍っていましたが、ワクチン接種が総力戦でスピーディに進むことを願うばかりです。

 

臨時休館が開けて笑顔で皆さま方にお目にかかれますようにと、職員一丸となって準備をすすめてまいります。

どうぞ、さらなる感染防止とともに、ますますお元気にお過ごしください。

PAGE TOP