ホーム

館長の部屋

館長の部屋

[No.103] 今年もよろしくお願い致します

更新日2020年01月09日

明けましておめでとうございます。

新しい年のスタート、皆様には輝かしい日々をお過ごしのことと存じます。

まどかぴあは、今年も、職員一丸となって、多くの皆さま方に喜んでいただけるような取り組みや事業を繰り広げてまいりたいと思っております。

本年も、大野城まどかぴあと笑顔のお付き合いをよろしくお願い申し上げます。

 

さて、まどかぴあの職員は年の初めから様々な事業の準備に走り回っています。

文化芸術振興担当はもちろんのこと、図書館でも、男女平等推進センターアスカーラでも早春の事業が目白押しなのです。

 

まどかぴあ図書館では「図書館へゆこう2020」、1月25日の「わくわくおはなしまつり」をはじめとして、布の絵本と触れ合ったり、エコ雑貨を作ったりと兎に角お楽しみ満載です。そして、26日は「くすのきしげのり講演会」です。そのタイトル『おこだでませんように』は、私たち大人にとって胸に響く子どもの言葉として迫ってきます。どうぞ、お揃いで講演会にお越しください。そして、子どもたちの心を思う時間をごゆっくりお過ごしください。

 

1月20日から一般発売になるのは2月11日開催の「リリー・フランキートークイベント」です。

友の会の皆さまには事前にご案内申しあげておりましたが、一般の皆さま方にもぜひお楽しみ頂きたくチケットの販売を致します。

福岡県出身で様々な分野で大活躍のリリーさんは、きっと興味深いお話を聞かせて下さることでしょう。先日、 NHKの番組で井上陽水さんが「今、一番仲良しなのはリリー・フランキーかなあ」と仰ってました。きっと、何とも言えないいい雰囲気で登場して下さるはずです。ご期待ください。私は今改めて『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』を読み直そうとしているところです。ナビゲーター役としてはちょっと緊張しています。

 

そして、2月16日はアスカーラの共生フォーラムです。今回の大きなテーマは「世界に羽ばたく女性たち」、明治4年6歳で岩倉使節団に随行してアメリカに留学し帰国後は日本の女子教育の先駆者としてその生涯を捧げた津田梅子、そして、今、その素晴らしい歌声で世界に羽ばたき始めた シンガーソングライターJILLE、「二人の女性活躍のものがたり」をお届けいたします。

今、講談ブームで大忙しの神田紅師匠がまどかぴあのこの事業のために「新5000円札の顔、津田梅子ものがたり」を書いてくださっています。どうぞ、お楽しみに!

そして、後半は JILLEさんの迫力ある歌声がまどかぴあの大ホールに響きます。ライブ会場で近くにいらした方が 「素晴らしいね。彼女は日本のライザ・ミネリになるんじゃない、すごい!」と仰ってました。是非、その英語力にも耳を傾けてみて下さい。チケットは800円です。

詳しくは、インフォメーションへどうぞ。

 

早春のまどかぴあにご期待ください。

[No.102] まどかぴあの“クリスマス”

更新日2019年12月12日

お元気ですか!

師走、何だか日々が超特急で過ぎて行く気がしますが、いかがお過ごしでしょうか。

筑紫地区はインフルエンザが流行中だとか、どうぞお気をつけください。

さて、まどかぴあの南側広場で始まった大野城ウィンターイルミネーション2019、もうお楽しみ頂けましたか。

大野城まどかぴあ、大野城心のふるさと館、大野城社会福祉協議会の主催、大野城市にぎわいづくり協議会の協力によって今年から始まった“まどかの冬物語”イルミネーションは大好評です。キラキラと星空の瞬きのような光の競演を是非お楽しみください。

そして、週末21日(日曜日)は心のふるさと館で「ここふる星の世界」冬の夜空の講演会。また、ここふるショップクリスマスディナーもご家族やお仲間でお出かけください。

そして、まどかぴあの中もクリスマスムードがパワーアップしています。

いつものランタンのクリスマスツリーは今年も皆様に喜んでいただいています。夕方点灯すると辺りの空気が柔らかくなるような気がします。ほのぼのとした灯りに幸せな図柄がぱあーっと浮かびあがり、本当に優しく温かいツリーです。ごゆっくりとお楽しみ下さい。

そして、今年はさらに「まどかぴあ飾り隊」のみなさんのアイデアによるクリスマス装飾が素晴らしいのです。赤と緑のオーガンジー、電飾はもちろんですが、幾つものユニークなツリーが並んでいます。私がずっと考えていた布のツリーも、多目的ホールの入り口付近に立っています。飾り隊の方が作ってくださった三角錐の土台に、緑のサテン生地をグルグル巻きつけて赤いリボンをつけただけなのですが、中々素敵なツリーになりました。

まどかぴあにお越しになる方々に季節の風をお届けしたいという思いで、職員も一緒になって飾り付けを楽しんでいます。まどかぴあのあちらこちらのツリーに会いに来てください。お待ちしております!

[No.101] 大野城ウィンターイルミネーション、はじまりますよ!

更新日2019年11月25日

お元気ですか!

紅葉の美しさに心躍らせているうちに、季節は晩秋から初冬へと足早に動いています。

もう、暖房の準備が必要になりましたね。今年はインフルエンザの流行がもう始まっているそうですから、どうぞご用心ください。

先日、私は仕事で2日間東京でした。久しぶりに東京の夜景をゆっくり楽しみたくて高層ホテルに宿を取り、輝く街の灯りに包まれる贅沢を選びました。遠くにスカイツリー、近くには国会議事堂が白く浮かび上がり、周りの高層ビルの窓の明かりは空に向かって何層にも並んで伸びている・・・・、眩いような光の渦の中で本当に幸せな時間でした。「やっぱり、東京は都会だ!」なんて、一人で感動しながらカーテンを閉めることを忘れそうになりました。実は、筑豊の田舎町に生まれた私にとって綺麗な夜景は憧れ、街の灯りが大好きなのです。

特に冬の街にはイルミネーションが重なってキラキラと輝き、ロマンティックでワクワクします。

さて、大野城でもキラキラ輝く素敵な空間を皆さまにお届けする“大野城ウィンターイルミネーション2019”のご案内です。

まどかぴあの南側広場に、12月1日から綺麗なイルミネーションが輝き始めます。まどかぴあ、心のふるさと館、社会福祉協議会の主催、そして大野城にぎわいづくり協議会の協力で準備を進めてきた、はじめてのうれしい連携イベントなのです。

12月25日まで、各週末には様々なイベントが繰り広げられ、賑やかになります。お友達やご家族と毎週お出かけください。時間は、夕方5時30分から夜10時まで、キラキラと星の世界が広がります。

12月1日のオープニングセレモニー点灯式は、夕方5時過ぎから、ゴスペルコンサートや大野城市のお子さんたちによる“魔法の点灯式”など賑やかなステージが企画されています。もちろん大野ジョーくんやまどかちゃんもやってきます。魔法の点灯式に参加してご一緒に一斉点火の瞬間を笑顔で応援してください。

まどかぴあの中にはランタンのクリスマスツリー、心のふるさと館や社会福祉協議会でもお楽しみイベントで皆さまをお待ちしています。

「まどかの冬物語、はじまる!」さあ、ご一緒に!

[No.100] 9月、京都にて

更新日2019年09月24日

お元気ですか!

9月に入っても、台風のもたらした被害や残暑に気の休まらない日々が続きました。千葉県の停電や断水のニュースに胸が痛み、いかに私たちが今電気に依存しているかということをも再認識させられたことです。年々災害が深刻化し、世界規模でその被害が広がっていることを考えると、私たちの暮らし方を改めて考え、それを行動に移すことが求められます。

私は、現在、国立博物館の仕事に携わっていますが、先日国際会議に出席することができましたので、ご報告させて頂きます。

世界の博物館関係者が集う「第25回国際博物館会議(ICOM)京都大会」が、9月1日から7日まで、日本で初めて開催されました。この期間中、国立京都国際会議場をメイン会場にして、世界140カ国以上からなんと4,600人以上の参加者があり、それぞれが抱える様々な課題や博物館の果たす役割について話し合うというものでした。隈研吾さん、毛利衛さんをはじめ多彩なゲストの話に始まり、各国の関係者のパネルディスカッションなど7の間のプログラムは多岐に渡り、京都の街は様々なイベントで大賑わいでした。

ICOMは、1946年、第2次世界大戦で分断された世界が、文化理解を通じて、今一度、手をつなごうという趣旨のもとに設立されたのです。

その趣旨を大切にしながら、博物館として社会にいかに貢献すべきかということを考える会議なのですが、この大会の実行委員長である京都国立博物館の佐々木丞平館長はこう述べておられました。

「行き着くところ、博物館は、人類の平和と幸福に貢献することに尽きます。そのためには

世界の博物館が手をつながなければなりません。国と地域の境を超え、人種の境を越え、時には過去・現在・未来といった時間の軸を超えて、手を繋がなければなりません。そうした空間軸、時間軸を超えて、人々が集まり、手を繋ぐことができる公共空間、すなわち“文化の結節点”は博物館をおいて他には存在しないでしょう。だからこそ、博物館の存在意義があるのだと思います」と。

会場を見渡すと世界中の国からの参加者、しかし、語り合われる問題課題は共通するものが多く、大きな目標に向けて共に歩むことの必要性がシンポジウムなどで具体的に語られました。もちろん、ここでも災害と博物館についての議論が交わされ、国際防災会議も発足することになりました。

今、企業でも大きな取り組みとして取り入れられている、国連の「持続可能な開発目標 (SDGs)」について議論が集中しました。

SDGsは17の目標と169の具体的な目標があり、その内容は世界中のひとびとが抱える課題解決のために、教育や貧困、福祉、まちづくり、ジェンダー平等など様々な分野についての取り組みを先進国と途上国が一丸となって行っていこうというものです。しかし、まだ日本での認知度は20パーセント弱、改めて、その具体的な目標についてしっかり考えなければと思いました。

SDGsは、私たちの暮らしにはもちろんですが、文化施設が抱える課題にもつながることが多いのです。時代の変化とともに、地域の人々とどう取り組んで行くか、大きな宿題を手にしたような気がします。

 

[No.99]

更新日2019年08月09日

お元気ですか!

厳しい暑さが続いています。

暑さにだんだん弱くなっていく自分に年齢を感じながらの今日この頃です。

私は、7月の後半続けて三度の出張があり、東京に2度、そして奈良に出掛けました。東京、奈良、さらに帰りに立ち寄った京都も、じりじりと暑くて、ふうふうため息をつきながらの移動でした。

帰りに何処かでほっと心安らぐ時間をと考え、京都最古の禅寺、建仁寺を訪ねてみました。本当に久しぶりにゆっくりといい時間を過ごすことができたものですから、ご報告です。因みに日本最古の禅寺は博多の聖福寺、どちらも開山は栄西禅師です。祇園、花見小路を抜けて門をくぐり、静寂な世界へ。

目的の一つは俵屋宗達の「風神雷神図屏風」、国宝の保存状態を考えて京都国立博物館に寄託されており、ここではレプリカが置かれているのですがとても素晴らしいものでした。風袋から風を吹き出し、下界に風雨をもたらす風神と、太鼓を叩いて雷鳴と稲妻を起こす雷神、その表情にしばし見とれてしまいました。

東京オリンピック・パラリンピック大会を記念して発行される五百円硬貨の図柄は人気投票の結果「風神・雷神」に決まったのですから、そのことも嬉しくて佇んでさらに見入っておりました。オリンピック用が「雷神」、パラリンピック用が「風神」なのだそうです。確か来年の7月に手にすることができるはずです。

また、建仁寺のお庭の素晴らしさに感動、大雄苑(だいおうえん)海音庭(ちょうおんてい)そして、有名な○△□の庭(まるさんかくしかくのにわ)、枯山水と緑の深さが暑さを忘れさせてくれるのです。時折スーッと吹く風に頬を撫でてもらいながら、お庭に向ってゆっくり心の洗濯でした。また、来よう!今度は紅葉の頃にと思ったことです。

8月8日が立秋ですから、もう残暑お見舞いという時期。そろそろ猛暑、酷暑から解放されて、ほっとしたいものですね。

そういえば、知人から、「9月13日は中秋の名月、みんなでお月見の会をしませんか?」という案内を頂いて秋を待つ心がさらに立ち上がって来ました。しっかり食事を摂って、ゆっくり睡眠を取り、身体を労わりながら秋に向かって歩んで参りましょう。

まどかぴあは秋に向けて大忙し、様々なイベントのチケット販売でインフォメーションは大賑わいです。

「あなた、デイサービスショーのチケット買ったの?」「勿論!」「その次は八代亜紀さんのコンサートもあるのよ、買うの?」「勿論!」「そうよね、楽しみ」・・・とエレベーターの中の会話でした。思わず「有り難うございます!」と、頭を深々と下げたことです。秋のイベントを楽しみにして頂くことも、暑さを乗り越えるパワーになるかもしれません。

どうぞ、お元気にお過ごしください。

PAGE TOP