ホーム

男女平等推進センター アスカーラ

アスカーラだより

アスカーラだより

今年度が終わろうとしています(No.91)

更新日2020年03月17日

 「光→音→気温」の順に人は春を感じるそうです。この冬はいままでになく暖かい冬でした。

 庭の草花が芽吹き、土の中の生き物が目覚めるこの季節「希望」に満ち溢れているように感じます。

 そんな春を待っている私たちの生活に「新型コロナウイルス」は容赦なく侵入してきています。一日も早く「新型コロナウイルス」を撃退し、穏やかな生活を送りたいものです。

 

「第3回アスカーラ共生フォーラム」のご参加、ありがとうございました

 

 2月16日(日)に開催しました「第3回アスカーラ共生フォーラム」にはたくさんの方にご参加いただきました。ご参加、本当にありがとうございました。また、アンケートにも大勢の方にご協力いただき、次回の企画の参考になりました。

 神田 紅さんの講談、JILLEさんのライブという和洋折衷の構成でしたが、「津田梅子の生涯がよくわかった」「神田さんからパワーをもらった」「ジルさんの歌声に感動した」「ジルさんの歌をまた聴きたい」等、お二人のパフォーマンスにたくさんの温かい感想が寄せられました。

 一年間の長期間にわたり、何度も何度も協議を重ねてきた実行委員24名の皆さんにとって、アンケートの内容が何よりの慰労と励ましの言葉になったようです。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 この他、大変嬉しかったことは、フォーラムの実行委員会に興味・関心をもたれた方が何と数十名もおられたことです。3月末の反省会後に、連絡があると思いますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。 

 

皆さんは、大町公園はよく利用されますか?

 

 昨年の夏頃から、丸くて白いプランターにきれいなお花が植えてあるのはご存じですか?

 実は、大町公園の白いプランターは前回紹介した地域女性リーダー第3期生から生まれたグループ「大野城パークパス」が植えられたものです。3期生は4つのグループがあります。前回、3つのグループを紹介しましたので、最後の4つ目のグループを紹介します。

 大野城パークパスさん達は大野城市内の公園などに植物等を植え、利用する市民の人達が少しでも心の癒しになることを目的に活動しておられます。

 令和元年度ももうすぐ終わろうとしています。この一年間、男女平等推進センターへのご理解、ご支援により無事に事業を終了することができます。心から感謝申し上げます。来年度も、職員一丸となって、性別にとらわれることなく誰もが幸せな生活ができる男女共同参画社会をめざして邁進していきます。来年度もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

暖冬ですね(No.90)

更新日2020年02月17日

 今年は本当に暖かいです。例年だと今が一番、寒い時期なのに・・・。

 暖冬の影響があちこちで聞かれますが、大きな被害にならないことを祈るばかりです。

~大野城市の女性達、地域で活躍しています~

 

 大野城市は平成9年に「男女共同参画宣言」をして、20数年が経ちます。

 現在、男女共同参画条例が制定され、第4次計画のもと、男女共同参画社会の実現をめざし、その目標達成に向け様々な取り組みが実施されています。

 その取り組みの一つに「地域女性リーダー育成事業」(第3次計画)があります。

 この事業は平成26年度に始まり、本年度(令和元年度)に終了します。

 この間、1期生から3期生まで、8つのグループができ、それぞれに地域で活躍されています。

 3期生は4つのグループに分かれ、自分たちの思いをカタチにするために創意工夫をされ取り組みを進めています。

 そのうちの2つのグループの活動を紹介します。

OJS(大野城ジャズスウィング)

 

 はじめに、OJS(大野城ジャズスウィング)というグループです。

 このグループの主な活動は「ある日のジャズカフェ」です。

 メンバーには「ある日の午後、みんなでジャズを聴きながら、癒しの時間を共有したい」というねらいがあります。

 

 1月11日の午後、2回目のコンサートがありました。

 まどかぴあ小ホールでジャズオーケストラのコンサートを実施しました。

 ケーブルテレビでも放送があったので、ご存じの方も多いかと思います。

 この日は、大野城市を中心に活躍されている12名編成の「スウィング ラボ ジャズオーケストラ」の出演でした。

 みんながよく知っている往年のジャズの名曲を楽しいトークを交え軽快に演奏され、会場が一体となって暫しジャズに酔いしれたところです。

 演奏後は場所を変え、お茶を飲みながら、みんなで楽しい語らいの場となり、観客と演者とのほのぼのとした時間となりました。

 来年度の企画も楽しみにしています。

 

 1月11日に来られた方で、OJSのメンバーとして一緒に活動したいと思われる方、どうぞ、センターに一報をお願いします。

 OJSにつなぎます。(センターの電話番号 092-586-4030)

 

つどい場Pal

 

 次は「つどい場Pal」のグループです。

 このグループは中央コミュニティセンターで年に数回活動されており、老若男女、地域のだれもが参加できる憩いの場を提供する活動をされています。

 今回は小学生を対象に「バレンタインチョコ作り」の活動でした。

 2月1日の土曜日、まどかぴあの調理室で子ども達とバレンタインのチョコ作りを実施しました。

 定員24名はあっという間に予約が入り、キャンセル待ちの子ども達がたくさんいたようです。

 当日は、子ども達にとって大好きなチョコ作りとあって、みんな楽しそうに生き生きと笑顔いっぱいの時間がすぎていきました。

 つどい場Palさんも子ども達の笑顔を見て、活動の手応えを感じたようです。

 次回の活動を楽しみにしています。

これからの活動について

 

 3期生のこれからの活動について紹介します。

 3期生に「わくわくみ・な・み」というグループがあります。

 このグループは大野城市の南地区の良さを大野城市民に知らせ、みんなで共有したいという思いで活動されています。

 これまで、牛頸ダム周辺のあじさいや月の浦にある紅葉の森の散策等を企画され、実施しています。

 ここで次回の企画を紹介します。

 一人でも多くの方の参加を募集しています。

 

 期日は3月28日、土曜日です。

 今回は、牛頸川土手(平野神社近く~エフコープ)周辺の桜を観る活動です。

 散策しながら桜の鑑賞をしたり、写真撮影や桜の知識を学んだりして『桜』を楽しみます。

 そして、お花見弁当を食べ、みんなで交流を深めたいそうです。

 大野城市に住んでいても、四季折々の花を愛でる機会の少ない昨今、一つでも多くの春を見つけたいものです。

 希望される方、チラシをご覧になり、申し込みをよろしくお願いいたします。

 時間は10:00集合で、12:30終了の予定です。

 どうぞ、ふるってご参加ください。

謹賀新年(No.89)

更新日2020年01月13日

 明けまして おめでとうございます。

 本年もどうぞよろしくお願いします。

 男女平等推進センターアスカーラは今年も啓発事業、相談事業、支援事業の3つの分野で、市民の皆様と共に、ひとりひとりが幸せな社会のために男女共同参画の視点から事業を進めていきます。

 令和2年も、ご理解、ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

ジェンダー・ギャップ指数121位

 

 昨年末、世界各国の男女平等の度合いを経済、政治、教育、健康の4分野から女性の地位を分析し総合順位を決める「ジェンダー・ギャップ指数」が発表されました。

 メディアでもとりあげられていたので、ご存じの方も多いかと思います。

 

 何と、日本は前年から順位を落とし、153カ国のうち、121位(前年110位)でした。

 34歳の女性の首相が誕生する国がある中、日本は政治分野の女性の活躍がはかばかしくないとの分析でした。女性の政治参画はまだまだのようです。

 

 しかし、大野城市の場合、議員20名のうち女性議員は5名もいます。

 25%も占めています。

 すばらしい数字です。

 5名の女性の議員さんは市民のよりよい生活向上に向けて、それぞれに取り組みを進めておられます。

 

 その5名の女性議員さんが一同に会し、市政に対する取り組みや男女共同参画の実現への思い等を語る交流会があります。

 センターの事業『市民グループ活動支援事業』の中で団体が企画されています。

 事業名は「大野城市議会 女性議員の『声』を聴く!」です。

 期日は1月19日(日)、13時半からまどかぴあ306会儀室であります。

 ご都合がつかれる市民の皆様、是非、おいでください。

<お知らせ>

 

○12月にもお知らせしましたが、「第3回 アスカーラ共生フォーラム」です。

 お陰様で内容については大変好評を得て、チケットの売れ行きもまずまずです。

 まだの方はお早めにインフォメーション(総合案内)でお買い求めください。

 

 当日は、大ホールで13:00開場、13:30開演です。

 内容は、市内の小中学生の図画ポスターと標語の表彰式、神田紅さんの講談、JILLE(ミュージシャン)さんのライブと盛りだくさんです。

 お待ちしてまーす!

 

○サポーター、実行委員を募集してます!

 アスカーラでは年間を通して、様々な講座やイベントを実施していますが、サポーターや実行委員として、運営に関して多くの市民の皆様に参画してもらっています。

 そこで、来年度新たに1年間活躍していただける方を募集しています。

 一人でも多くの方のご協力をお願いいたします。

 

◆サポーター活動

啓発・事業サポーター活動、託児サポーター活動、情報サポーター活動

 

◆実行委員会の活動

アスカーラ共生フォーラム  大野城共生講座

令和元年最後の月に(No.88)

更新日2019年12月10日

 いよいよ令和元年も終わりの月になりました。

 5月のはじめ、元号が何になるか、テレビの前でどきどきしながら見ていたのを思い出します。

 来年干支はねずみ、どんな一年になるのでしょう。

 災害のない平和で穏やかな一年になることを心から願っています。

 来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

第3回アスカーラ共生フォーラムチケット発売開始!

 

 今年で3回目になるフォーラム、本年度は来年の2月16日、日曜日に実施します。

 すでにチラシ等でご覧になっているかと思いますが、今年は「はばたく」をテーマに、世界で活躍した二人の女性を焦点にしています。

 二人に共通していること、それは「英語」です。

 一人は新5千円札の「顔」となる津田 梅子の生涯を講談師の神田 紅氏にオリジナルの講談で語ってもらいます。

 幼い頃にアメリカに渡り、英語を通して強く、たくましく生きた梅子。

 英語教育の大切さを示唆してくれる梅子の生き方に触れていただきます。

 

 二人目はアーティストのJILLEさんによるミュージックライブです。

 小さい時から英語に親しみ、英語によるパフォーマンスを通して、自分の思いや願いを世界に届けようとするJILLEさんの生き方が体感できることと思います。

 

 

 また、神田 紅さんは講談師として、JILLEさんはシンガーソングライターとして、ジャンルは違いますが「世界」を視野に活躍されている二人、とても楽しみです。

 

 

 2月半ばの寒い時ではありますが、皆様お誘い合わせの上、ご来場いただきますようお願い致します。

 当日の詳細につきましては、下記URLよりご確認ください。

 

 

<講座・イベントのご案内>

 

 

□男性のためのブラッシュアップセミナー

  第1回 12月11日(水) 18:30~20:30

       講話 「聞いておきたい!認知症と介護保険の話」

       講師  久野 恵氏(介護福祉士、介護支援専門員、社会福祉士 他)

       会場  まどかぴあ303会儀室

 

  第2回  令和2年1月18日(土) 10:00~11:30

       講話 「明るい終活!~エンディングノートのすすめ~」

       講師  藤井 真司氏(司法書士)

       会場 まどかぴあ303会議室

第2回 「ある日のジャズカフェ」(ジャズのライブとカフェ)

 

このイベントは大野城市による地域女性リーダー育成事業(第3期生)から生まれたグループOJS(大野城ジャズスイング)主催のイベントです。

日 時  令和2年1月11日(土) 14:30~16:00

会 場  まどかぴあ小ホール(ライブ終了後202会議室でカフェをします)

ゲスト  スウィング ラボ ジャズオーケストラ

料 金  おとな500円  小学生以上200円

 

※ 事前の申し込みは不要です

朝夕、冷える季節になりました(No.87)

更新日2019年10月17日

 10月に入り、庭にいる虫の声がとてもきれいに響いています。朝夕、めっきり冷えるようになりました。体調にはくれぐれも気をつけたいものです。

 そして、台風19号で被災された関東・東北の方々へ心からお見舞い申し上げます。

 

 

「“パパ時間”充実セミナー」が終わりました!

 

 本年度は2回の講座を開催しましたが、ここでは2回目の講座「家族であそぼう!体を使った親子運動遊び」を紹介します。

 

 これまでもパパを対象にした講座を開きましたが、今回は多くのパパ達の参加がありました。テーマが「運動」だったこともあり、パパ達も参加しやすかったのかもしれません。そして、「子どもと関わりたいパパ達」が働き方改革等で、少しずつ参加できる環境になっているのかもしれません。そうであれば、大変嬉しいことです。今回の講座を通して、さらにパパとしての自覚が大きくなったことは間違いありません。

 

 「子育て」は家族みんなでするものです。ママだけに一任するのではなく、パパもしっかり子どもに関わる事が子どもの健全な成長に欠かせないことはわかっています。女性が社会に出る機会が多くなる今後はパパの出番が益々多くなることでしょう。

 

 今回は、子どもの運動機能を伸ばすことにポイントをおいた講座でした。子どもへの関わり方一つひとつが子どもの運動機能を伸ばすということがわかりました。6歳までに将来の運動機能がある程度決まるそうなので、運動と機能を考えながら、関連させながらの講座はパパ達にも大変好評だったようです。

 

 日々の生活の中で、子どもにたくさん関わることが子どもの成長にとても大切だということがわかり、これからママが忙しい時に、パパが子どもの相手をしてくれる、そんな協働の姿がたくさんあるご家庭が子どもの成長にとってとても大切なことであることを教えてもらった講座でした。

 

 来年は、「子どもを協働して育てること」に重点をおいた講座を企画しています。子育て・孫育て中の方、興味・関心のある方に参加していただき、一緒に子育て・孫育てをするヒントになる講座を考えています。是非、多くの方のご参加をお待ちしています。

 

 

大野城市男女共生講座「館外研修」が終わりました!

 

 10月は大野城市男女共生講座の館外研修が7日(月)と11日(金)にありました。

今年は九州北部豪雨の被災地見学でした。当日は「朝倉グリーンツーリズム協議会」の方による説明があり、実際の被害状況や現地の様子を丁寧に案内していただきました。

 

 配布された具体的な被害状況(人的、住家、非住家、その他)の説明と被災直後の写真には本当に信じられないような事実がありました。また、被害が大きかった松末小学校に行き、変わり果てた学校の内外を見て、豪雨のすごさを改めて感じ、胸の詰まる思いでした。窓がなくなり泥水が校舎内に入ってきた痕跡が生々しく、全てがなくなった職員室を見て、豪雨の時の子ども達の恐怖を考えていまいました。ある女性の先生が3階に行くことになった時、子ども達の靴を持って避難したことを聞きました。避難した後のことまで考えられる先生のとっさの判断に感動しました。想定外のことが起こった時に、どんな判断や行動ができるか、本当に学ぶことが多かったです。そして、案内の方が何度も言っていらしたことは「人を頼ってはいけない、自分で自分の行動を決めることが大事だ」と。

 

 豪雨があって2年以上経ちますが、現地はまだまだ整備が十分に進まず、これからというところでした。「朝倉地区の教訓をみんなが忘れてはいけない」と強く思った研修でした。

 

 そして、今回の台風19号。11日(金)に朝倉地区を視察した翌日の台風19号。身につまされる思いで、テレビを見ていました。2日間で1000㎜を越える雨量になった地域があります。たくさんの河川が氾濫し、すごいことになっています。一日も早い復旧、復興を願うばかりです。

 

PAGE TOP