ホーム

男女平等推進センター アスカーラ

アスカーラだより

アスカーラだより

平成28年度を振り返って(No.61)

更新日2017年03月14日

 いよいよ平成28年度も残りわずかとなりました。この一年間、皆様のご支援によりセンターの業務を終えようとしています。

 この一年間の皆様のご理解、ご協力に心から感謝申し上げます。

 

~平成28年度を振り返って~

 

<20周年記念事業>

 センターでは「まどかぴあ開館20周年」ということで、7月の20周年式典のイベントを主催しました。大野城市との共催でしたが、イベントではアナウンサーによる朗読会、坂東眞理子先生の講演会、そして、大野城市民吹奏楽団の音楽の3部構成で実施しました。いずれも皆様のご協力で大盛況のうちに事業を終了することができました。ありがとうございました。

 また、記念の事業として、センターでは1月末に男女共同参画カルタ大会を実施しました。記念イベント同様、ここでもアスカーラ実行委員の皆様にご協力いただき、楽しいうちに終了することができました。100名を越える市民の皆様に足を運んでいただき、熱気溢れる大会となりました。

 これからも「まどかぴあ」は30周年に向かい、また新たな歩みを進めてまいります。これまで以上に皆様のご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

 

<各講座参加について>

 本年度もセンターでは、条例制定記念講演会を皮切りにたくさんの講座を実施してまいりました。大野城男女共生講座や元気塾、DVに関する講座や女性の生き方に関する講座など、大野城市人権・男女共同参画課と連携・共同して条例の目標である8つの視点から講座を開催してきました。また、センター独自の事業としては、若いママ達への支援や企業への啓発等も行ってきました。年間を通して20講座以上開催してきましたが、どの講座にも多くの方にご参会いただき、主催するセンターとしては大変心強く思ったところです。これまでのご協力に心より感謝申し上げます。

 

<アスカーラ市民グループ活動支援事業について>

 本年度は20周年記念事業の関係で市民グループ活動が2月に集中することになりました。活動されたグループの皆様や講座を受講された皆様には、大変ご迷惑をおかけしました。心よりお詫び申し上げます。

9つの活動団体が講演会やワークショップ・講座等を開催されましたが、どの活動団体も、企画立案から実施・報告まで大変スムーズに運営され、受講された皆様からも大変好評でした。どの活動団体も大変熱心で、これからの社会を変えていこうとする熱意を感じました。お疲れ様でした。

 

 

<託児サポーター、啓発・事業サポーター、情報サポーターの皆様へ>

 託児サポーターの皆様、この一年間、講座の託児支援をしていただき、本当にありがとうございました。どうしても担当者がみつからず無理なお願いをしたことも多々あったことと思います。また、託児を予定していたにもかかわらず急なキャンセルで予定を変更された方も多かったのではないでしょうか。本当にご迷惑をおかけしました。

 今年は隔年実施しています託児養成講座にあたり、大勢の方に託児サポーターになっていただきました。これまで以上に活気に満ちた活動しておられる姿を拝見し、センターとしても大変嬉しく思っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 啓発・事業サポーターの皆様には、今年は啓発と事業が合体した新体制のもと大変精力的に活動していただき、センターのを支えていただきました。本当にありがとうございます。センターの事業支援はもちろんのこと、あすばるの寸劇大会に出演したり台本作りの研修を受けたり、自主的・自発的に活動されている皆様の姿は大変頼もしく、ありがたく感謝しております。センターとしても、皆様の力をお借りしながら男女共同参画社会の啓発を行っていきます。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 情報サポーターの皆様には、毎月発行している「すてっぷ」の作成・編集に精力的に取り組んでいただき、ありがとうございます。毎月の発行は大変な労力を要します。サポーターの皆様お一人お一人が知恵を出し合い、情報収集・編集等一連の作業が進み、毎月すばらしい情報誌となっています。センターの啓発事業の一部を担っていただいています。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今後とも、センターの情報発信源として活躍していただけることを期待しております。

 

<大野城女性の会、大野城共生ネットワークの皆様へ>

 大野城女性の会、大野城共生ネットワークの皆様には、毎月定例会を開催し、それぞれの活動報告や計画、課題について協議・検討いただく等、長年のキャリアを生かし、大変精力的に活動していただきました。

 大野城女性の会の皆さんは役員交代による新体制での運営でしたが、定例会は毎回全体会ということで、多くの方が出席されていました。また、今年は新事業としてあすばる館長との懇親会、今年発行される「女性の会のあゆみ」の編集等で、多忙な一年間ではなかったでしょうか。来年度も明るく元気な皆様からエネルギーをいただきながら、センターの運営をがんばりたいと思います。

 大野城共生ネットワークの皆様は、名称変更後の一年目ということで「PR活動」に重点をおかれた一年間だったように思います。特に1月末に実施された映画「救いたい」の上映会は、会員の皆様が一致団結した取組で、市民の皆様への啓発活動として大変有効だったと考えます。各団体をネットでつなぐ、センターの拠点作りとして大切な活動をされているネットワークの皆様と今後とも手を取り合い、センターの事業を充実していきたいと考えています。

 

 

<地域女性リーダー育成講座受講生、登録団体の皆様へ>

 最後になりましたが、本年度は地域女性リーダー第2期生が発足しました。10回の養成講座と発表会を経て来年度本格的に活動を始められます。是非、地域の担い手として1期生とともに活躍されることを期待しています。

 また、登録団体の皆様には、いつもセンターとともに男女共同参画社会に向け、活動を推進していただきありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

2月はワクワク♡アスカーラへ行こう!(No.60)

更新日2017年02月02日

「2月はワクワク♡アスカーラへ行こう!」

 

 皆さんはこのタイトルを見て、何のことだかおわかりでしょうか?

実はこれは、2月に実施します市民グループ活動支援事業のチラシのタイトルなのです。

 アスカーラでは、地域で活動する市民グループ・団体が企画・実施する男女共同参画の推進に関する事業を支援し、市民のエンパワーメントを図り、活力ある地域社会づくりに資するという目的で実施しています。

 本来ならば秋から冬にかけて実施します市民グループ支援事業ですが、まどかぴあ20周年事業の関係で会場が取れず2月に集中することになりました。大変ご迷惑をおかけしております。

 ここで、2月に実施されます市民グループによる企画・運営されます講座を紹介します。一人でも多くの方に講座にご参加いただきますようにお願いいたします。

 

<2月4日(土)10:30~12:00> 主催:福岡友の会筑紫方面南ヶ丘最寄

講座名「家族みんなで家事!楽々セミナー~バタバタしない食事の準備・家族みんなでお金の話~」

講師:福岡友の会会員

会場:301会議室 料金:400円

 

<2月5日(日)10:00~12:00> 主催:きてみん!大野城

講演会 「不登校のこどもたちに寄り添う~わたしたちにもできること~」

講師:長阿彌 幹生氏(教育文化研究所代表)

会場:303会議室 料金:500円(学生無料)

 

<2月19日(日)10:00~12:00>

主催:パパママちかっぱ応援団

講演会 「子どもが自主的に動きたくなる言葉の掛け方」

講師:吉村 伊織氏(WACS代表、パーソナルカウンセラー)

会場:301会議室 料金:無料

 

 

<2月19日(日)13:30~15:00>

主催:ふくおか県翼の会大野城

講演会「男女共同参画社会の実現に向けて

            男女が働きつづけるために~どうする保育園!~」

講師:梶原 日出男氏(保健医療経営大学非常勤講師)

         斉藤 千加子氏(平野保育園園園長)

   梅野 智子氏(シティリビング編集長代行)

   若山 純哉氏(大野城市子育て支援職員)

会場:303会議室 料金:無料

 

<2月23日(木)13:30~15:30>

主催:大野城共生ネットワーク

ワークショップ

「コミュニケーションを高め効果的な会議を行う力を学ぶ

 ミーティングソリューションを体験しよう!~あなたの意見も大事!私の意見も大事!~」

講師:松木 治子氏(福岡県男女共同参画センター 情報支援課職員)

会場:303会議室 料金:無料

 

<2月25日(土)13:00~15:00>

主催:I女性会議大野城支部

講演会 「クオーター制って何?~女性の政治参画をすすめるために~」

講師:大谷 史子氏(NPO法人ジェンダー平等福岡市民の会理事)

会場:301会議室 料金:無料

 

<2月27日(月)10:00~12:00> 主催:ままいる

講演会  「ままいるの家族の笑顔応援講座~転んでも立ち上がる!骨太な子どものココロの育て方」

講師:太刀山 美樹氏((株)MIKI・ファニット代表取締役)

会場:小ホール 料金:200円

 

 課題解決に向け、高い志をもって活動されている市民グループや団体の皆さんと共に一人でも多くの方にご理解、ご支援をいただければと思います。

 

講座のお申し込みはこちらから→■講座・イベント情報■

 

 

男女共同参画カルタ大会終了!(No.59)

更新日2017年01月26日

平成29年もどうぞよろしくお願いいたします!!

 

 平成29年となり早20日が過ぎてしまいました。大変遅くなりましたが、今年も男女平等推進センターへのご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

 センターでは今年も啓発事業、相談事業、支援事業を皆様と共に推進していきます。28年度は残り2ヶ月ですが、今年は20周年事業の関係で、市民グループ活動支援事業を来月の2月に集中して実施することになりました。チラシ等でもお知らせしておりますが「2月はワクワク♡アスカーラへ行こう!」ということで実施しますので、たくさんのご来館をお願いいたします。

 また、本年度は「地域女性リーダー育成講座(第2期)」を実施しています。2月11日(土)は、2期生の活動発表があります。4つのグループがそれぞれに課題解決に向けてがんばってきたことを発表します。どうぞ、お時間の都合がつかれる方はご参加ください。

 

 

まどかぴあ20周年記念事業 

「男女共同参画カルタ大会」終わる!!

 

 先週末に実施しましたセンター主催の男女共同参画カルタ大会が、皆様のご協力で無事に終了することができました。多数のご参会、本当にありがとうございました。

 当日はこの冬最強の寒波がくる直前で、大変冷え込んだ日になりましたが、カルタ大会に110名を超える参加者(競技者89名)がありました。競技者は、前日までの申し込みが70名でしたので、大盛況のうちに終わることができ、ほっとしました。皆様のご協力に心よりお礼申し上げます。

 このカルタ大会はセンターが主催で実施しましたが、まどかぴあ20周年記念事業の一つでもありました。また、センターではこのカルタ大会を「広く市民の皆様に男女共同参画社会の実現について啓発すること」を目的としておりましたので、当日、大勢の方に参会いただいたことで目標が達成できたと思っています。

 大会当日は、アスカーラ実行委員のみなさんや九州かるた協会、大野城市民劇団迷子座、書道家・志賀 禮花さん等、多くの方にご協力をいただき大会を運営することができました。また、大野ジョー君にも手伝ってもらい、みなさんで盛り上げていただきました。

 試合は3試合まで予選を行い、勝ち残った2名ずつが決勝戦にすすんでいき、上位3位までを表彰しました。ここで、入賞者3名をご紹介します。

 

第一位 本松 美咲さん  第二位 高木 彩さん  第三位 大川畑 凜さん

 

 おめでとうございます。ささやかですが図書券を差し上げております。

 

 今後も男女共同参画社会をめざし、センターとして皆様と共に推進していきます。

 

伝統と最新技術の世界へ!(No.58)

更新日2016年12月14日

~男女共生講座 館外研修に行ってきました!~

 この館外研修は、全5回ある男女共生講座のうちの一つの研修となります。本年度は、12月なので気候を大変心配しておりましたが、両日ともとてもよい天気に恵まれ絶好の視察研修となりました。

 今年の視察先は北九州市にある『安川電機』でした。総勢94名が6日(火)と9日(金)に分かれ、安川電機で研修しました。

 今回視察した安川電機への研修は、安川電機における「多様性推進への取組」ということで、11月に安川電機の人材多様性推進室副室長の名村氏に話を聞いていたこともあり、受講生の方々も大変興味・関心をもって臨むことができたようです。

 当日は、みらい館とロボット工場を見学し、大変貴重な話を聞くことができました。みらい館では、ロボット技術のすばらしさを目の当たりにし、感動とともに近未来の世の中への期待感でいっぱいになりました。

 ロボット工場では、最新技術によるロボットを作る過程や会社の「ものをつくる考え方」など見たり聞いたりでき、驚きとともに会社の伝統を受け継ぐ心意気を感じた一日でした。また、各部品を作る各課の廊下には「仕事の改善コンテスト」で入賞した賞状が飾られていました。トップダウンばかりだと社員も意欲がなくなる可能性があります。社員の考えややる気をうまく引き出しながら会社経営をしている安川電機、今後も一層の成長が期待されます。

 最後になりましたが、男女共生講座の実行委員の皆さま、本年度の研修が無事に終了いたしました。岡部実行委員長はじめ、委員の皆さまには大変ご苦労をおかけしました。本当にご協力、ご支援ありがとうございました。来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

~男女共同参画カルタ大会の申し込み始まる!~

 来年1月21日(土)13:30開始予定の男女共同参画カルタ大会の申し込みが始まりました。日を追うにつれ申込者が増えています。大会当日は100名を予定しています。

 お申し込みの際は、個人でも結構ですが、団体での申し込みも受け付けています。ただし、あくまでも個人戦ですのでご了承ください。

 このカルタはまどかぴあの20周年事業の一つとして今回のカルタ大会に向けて、センターが2年の歳月をかけて製作しました。読み札は全国公募後、厳選した読み札です。また、絵札は市内の中学校美術部の生徒達が描いたものです。みんなの思いや願いがつまった手作りのカルタを使い、手作りのカルタ大会を計画しています。

 お子様と一緒に、近所の皆さまと一緒にセンターに申し込みをお願いします。ささやかですが、参加賞も準備しています。また、獲得された札の枚数で、多い人から三位までの方には豪華景品(?)もあります。どうぞ、老若男女、ふるって申し込みをよろしくお願いいたします。

 なお、お申し込みは先着順で定員になり次第締め切りますのでお早目にお願いします。

 

 

 いよいよ、今年も残すところあとわずかとなりました。本年中は、男女平等推進センターアスカーラをご支援いただきまして、ありがとうございました。どうぞ来年もよろしくお願い申し上げます。よいお年をお迎えください。

今年も残り1ヶ月半!(No.57)

更新日2016年11月22日

 早いもので今年も残り1ヶ月半となりました。今年は『申年』、気のせいかこの1年、「早く さる」ような気がします。今年は、年明けから色々なことが次から次に起こったせいかもしれませんね。

 

 

 

<知っていますか?キッズルーム>

 

 センターでは男女共同参画社会の実現をめざし、啓発事業、相談事業、支援事業の3つを年間通して実施しています。

支援事業の一つに『子育て支援事業』があります。その中の一つに『キッズルーム』の支援があります。センターが運営するキッズルームは、センター横にあり、就学前のお子様と保護者の「触れあいの場」を目的としています。ほぼ毎日、お子様と保護者の方が一緒におもちゃで遊んだり、お子様同士で遊んだり、ルームで知り合いになられた保護者同士でお話をされたりしています。また、託児事業の一つとして、託児サポーターさんが2人、毎週木曜日にキッズルームの見守り活動をしています。

 

 この他、この部屋を使ったイベントも定期的に実施しています。まどかぴあ図書館ボランティアによる読み聞かせや遊びの紹介、親子のコミュニケーションのとり方や触れあい方等について、お子様の発達段階に合わせた内容で実施しています。

 以前は、3世代同居がほとんどで、「子育て」については祖父母に教えてもらったり、たくさんの姉弟の中で、子ども自身が関わり方を自然に身につけたりしたものです。しかし、昨今では核家族となったことや生活状況が変化したことで、子育ても大変難しくなっています。そのため、両親が積極的に子どものために学んでいくことが重要と考えます。そういう点からも、センターの『キッズルーム』は子育て中のご家庭にはとてもいい刺激になると思います。子どもの出逢いはもちろん、保護者の出逢いもたくさんあるようです。是非、キッズルームへのお越しください。お待ちしています。

 

 

<『日本女性会議』に出席しました!>

 

 この「日本女性会議」は、男女共同参画社会の実現をめざし、毎年47の都道府県のどこかで会議が開催されています。今年は秋田県で開催されました。センターからは私が参加しました。秋田へは東京経由で行きましたが、研修日程を考えると宿泊数も多くなり、改めて遠い所にきたことを実感しました。

秋田大会のテーマは「みつめて みとめて あなたと私~多様性(ダイバーシティー)」です。

 

 1日目は開会行事と基調報告、記念講演がありました。基調報告は今年の3月にまどかぴあにも来館されました内閣府男女共同参画局長の武川 恵子氏でした。その中で、ジェンダーギャップ指数が101位から111位に落ちたことが国としてショックを受けていることを話されました。数字にはっきりでると内閣府としてもかなり深刻な問題として対策を講じてくるのでは・・・、と期待しています。

 記念講演では、皆さまよくご存じのヘア・メイクアップアーティストの藤原美智子氏の講演でした。一流のモデルと仕事をされる藤原さんの生き方は、仕事を通して培われてきた女性の強さとしなやかさを感じました。そして、多様性とは「個性を受け入れ、それを認め、生かしてあげることが大事、それによって自分が変わる」とまとめておられました。秋田大会のテーマに、「~みとめて~」とありましたが、本当にそうだなと思いました。

 2日目は分科会とシンポジウムがありました。分科会は10に分かれ、それぞれの分科会で「多様性」について協議がありました。私は国際社会の分科会に参加しました。その中で、日本型多文化共生社会を理解すること、多文化パワーで地域再生ができる、国際理解は人間理解などを学びました。

 シンポジウムでは、『秋田発 『ケアリング(気遣い合う)社会をめざして』というテーマで話し合いがありました。シンポジストの中に社会福祉協議会会長がおられましたが、ひきこもりの若者を「まいたけの栽培・販売」を通して利益をあげ、それによって若者達が自信をもち、引きこもりが減少したことが紹介されました。引きこもりの若者を何とか外に出したいという思いを、「栽培や販売で収入をあげる」という方法で解決したという事例が画期的で、とても印象に残りました。

 はじめは、ケアリングという聞き慣れない言葉だったが、実例を聞き他者の自己実現は自分の自己実現につながることがわかり、相手も大事、自分も大事という基本的なことだということがわかりました。

 初めて日本女性会議に参加して、テーマである『多様性』ということの意味や価値、必要性がたくさんの事例でよくわかりました。これらの学びをセンターで実施している事業の中で生かしていこうと思ったところです。

 

追伸 この時期の秋田は紅葉が見ごろで、研修場所もすごくステキなところでした。

 

 

PAGE TOP