ホーム

男女平等推進センター アスカーラ

アスカーラだより

アスカーラだより

新しいメンバーで、新しい気持ちで!(No.73)

更新日2018年04月16日

 

 今年は桜の開花期間がとても長くて、ちょっと得した気分になっていましたが、お花見には行かれましたでしょうか。

 

 さて、4月も半ばとなりました。男女平等推進センターアスカーラも新しいメンバーで「新しい気持ちでまた頑張ろう」と、職員一同はりきっています。どうぞ、これまで通り、皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

~まどかぴあの職員体制が変わりました!~

 

 この4月、館内で異動があり慌ただしい年度初めを迎えています。

 センターでは釜田係長が文化芸術課に異動し、新しく宮川係長が赴任しています。宮川係長はこれまでは管理課に長年在籍していて、経理関係はその道のプロと言えます。講座の開催をはじめ、センターの事務関係の業務の見直しや働き方等、新感覚で係長の業務を遂行してくれることを願っています。

 また、この4月に男性(職員)が新しく入ってきました。名前は 反田 俊典(たんだ としのり)です。大野城市在住です。3人のパパで、どっしり、ゆったりと構え、すでにセンターの一員として活躍しています。アスカーラの事業に男性の視点がはいることで、女性も男性も幸せに生きるためのアスカーラ事業になると期待しています。

 

 

~「アスカーラまつり」(4月14日)がありました!~

 

 センターが平成25年度にリニューアルしたことを記念して、一人でも多くの市民の皆様にアスカーラを周知しようと言う目的で、毎年このおまつりを実施しています。

 当日はあいにくの雨で、心配しておりましたが多くの方に参会していただきました。本当にありがとうございました。

 今年は9団体にご協力いただき、大変盛り上がりました。雑貨や洋服などの「バザー」、子ども達が企画・製作・運営の「子ども市」、スタンプを3個集めるとお菓子のつかみどりができる「わくわくスタンプラリー」、アンパンマンのおもちゃを作る「わくわく工作体験」、地域女性リーダー1期生による「みんなで遊ぼう」(麻雀)と「わくわくカフェ」、2期生によるものとして、手作り作家の作品や癒やしのコーナーなどの「アスカーラマルシェ」や防災に関するDVD上映やパッククッキングの試食をふるまう「防災を考えようコーナー」などを実施していただきました。本当にありがとうございました。

 また来年も開催しますので、今年以上にたくさんのご参会をお願いいたします。

 

 

~地域女性リーダー育成事業の

          第3期生を募集しています~

 

 上記でも紹介しましたように、育成講座を修了した4つのグループが地域で自分たちの理想をめざし、大変、活き活きと活動しておられます。

 皆さんの中で「何か、活動してみたい」と思われている方、是非、1期生、2期生に続いてください。活動についてはホームページでもご覧になれますので、参考にして下さい!

 

≪以下のリンクからご覧いただけます≫

◎1期生・2期生の活動紹介

 

◎3期生の募集

あっという間に弥生を迎え(No.72)

更新日2018年03月12日

<年度末が近付いています>

 

 いよいよ平成29年度も終わりの月となってしまいました。

 特に今年に入ってから3月までの月日は本当に早く感じました。

 「一月いく(行く)、二月にげる(逃げる)、三月さる(去る)」とは、よくいったものです。

 この1年間、皆様のご理解、ご協力でセンター(アスカーラ)の事業も無事に終わろうとしています。

 これまでのご支援に、心から感謝申し上げます。

 来年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

「私たちの目線を地域に活かす!」

 

 このフレーズ、何かおわかりになりますか?

 実は、このフレーズは大野城市が平成26年度から取組を進めている「地域女性リーダー育成事業」第3期生募集のチラシに書いてあるフレーズです。

 この事業は、「地域で男女共同参画の視点をもち、主体的に活動するためのノウハウを学び、活き活きと活動することができる女性を育成すること」を目的としています。

 すでに、これまでの事業(1期、2期)で4つのグループができ、それぞれに地域で活躍しておられますので、ここで紹介します。

 

第1期生

 

  <わくわくカフェ> 女性リーダー 12名

   ・目 的・・・・地域住民の憩いの場とグループの情報発信の場

           として運営する

   ・開催日時・・・第4水曜日 11:30~15:00

   ・場 所・・・・中央コミュニティセンターの1階フロアー

   ・活動内容・・・カフェ(コーヒーや、お茶やジュースの提供、

           手作りおやつ)

           グループが企画したイベントの開催

           (講座や音楽会など)

  <げんきかい>  リーダー 10名(地域の方を含む)

   ・目 的・・・・家に閉じこもりがちな高齢者を対象に、

           集いの場として運営する。

   ・開催日時・・・第4木曜日 10:00~12:00

   ・場 所・・・・南コミュニティセンター

   ・活動内容・・・3人1組でするコミュニケーション麻雀、

           男女共同参画カルタ会、

           お茶を飲み語らう等、その日により内容を工夫

第2期生

 

  <防災ほっとキッチン> リーダー 5名

   ・目 的・・・・災害時に自分たちで調理できる料理の紹介を

           通して、災害時に自分でできることを指導す

           る。

   ・開催日時・・・公民館や学校など、避難訓練を実施する場所に

           出向く。

   ・場 所・・・・公民館や学校などの公共施設

   ・活動内容・・・実際に大釜で調理する場面を見せたり、試食

           させたりする。

  <きらきらマルシェ>  リーダー 5名

   ・目 的・・・・地域在住の手作り作家の皆さんにマルシェへの

           呼びかけを行い、イベントのコーディネートを

           する。

   ・開催日時・・・イベント開催日 10:00~16:00

   ・場 所・・・・イベント開催地

   ・活動内容・・・イベントの日時を作家に知らせたり、内容を

           確認したり、当日のブースの確認をする。

 このように、地域女性リーダーとして地域の中で、自分たちで自発的に創意工夫しながら活き活きと活動しておられます。

 この地域女性リーダー育成事業については、2年間が養成期間となります。

 1年目は講座を中心に知識・技能を学び、2年目は地域に出掛け、実際に活動します。

 また、3期生の講座研修は、就労されている方にも参加してもらうために毎回土曜日の開催としています。

 研修を通して、同じ志をもった仲間と出会い、自分が何をしたいかをはっきりさせ、2年目の活動へとつなげていきます。

“大野城市をもっと住みよい、ステキな街にするために地域で活動したい”と思っている女性の皆さん、この事業を活用して自分の夢を実現してみませんか?

ご応募お待ちしてまーす!!

 

申し込み方法は次の通りです。

  ○大野城男女平等推進センターへ電話をして申し込む

  ○チラシの申込書に記入してFAXする。

  〇以下リンクより申込をする。

第1回アスカーラ共生フォーラム 無事に終了しました(No.71)

更新日2018年02月16日

<梅の花が色付いてきました>

 

 立春とは名ばかりで、まだまだ寒い日が続いております。

 これから寒さが少し緩むみたいなので、少しは過ごしやすくなりそうです。

 本当に春が待ち遠しい毎日です。

~ 第1回アスカーラ共生フォーラムが

            無事に終わりました! ~

 

 このホームページでも何回もお知らせしましたフォーラムでしたが、2月3日(土)に無事に終えることができました。

 参会者が400名足らずで、目標の500名の集客には及びませんでしたが、内容については、大変好評を得ることができました。

 小中学生の図画・ポスターの表彰式にはじまり、ディズニーのアニメ「ズートピア」まで、4時間の長丁場でしたが、最後まで参加していただいた方も多くおられました。

 長時間のご協力に心から感謝申し上げます。

 

 参会者はやはり、大野城市内の方が多く、60代以上の方が多く見られました。

 また、お知り合いからのお誘いがとても多かったです。

 センターとしては、ホームページはもちろん、まどかぴあやセンターの情報誌、コミュニティバスや新聞、区長さん方を通して回覧板にお願いするなどあらゆる方法で広報活動をしましたが、なかなか集客には至りませんでした。

 

 しかし、ご参会の皆様からは大変好評を得ております。

 中でも、山口香氏の講演については絶賛の声、声、声。

 アンケートに回答された方のほとんどが満足されたようでした。少し、紹介します。

 

・老若男女関係なくお互いの違いを認めること、今までの伝統・概念のおかしいところを大掃除して、未来に過ごしやすい社会を残していくことを学んだ

・男女共同について、おもしろく、わかりやすく話してもらって楽しかった。山口さんの考え方、伝え方が良かった。

・山口講師の話に大満足。経験をしっかり社会に還元されていることが実感した。

・男と女の違いを話されたが、まさに我が家と同感できると改めて思った。とても参考になる意見や考えがたくさんあった。

 

など、山口氏の凜とした生き方に対する共感が数多くありました。

 「夢をあきらめない」ことのすばらしさを山口氏なりに、情熱的に語られたことが大変よかったのではないかと思いました。

 講話についての感想がほとんどでしたが、センター(アスカーラ)の説明のスライドがわかりやすくてよかった、小中学生の表彰式をすることで男女共同参画の意識が進みとてもよかった等の意見もありました。

 6月に実行委員会を発足させ、8ヶ月にわたりフォーラムに向けて準備を進めてまいりました。

 講師の選定や広報活動の工夫、チケットの販売など大変な面もありましたが、当日は22名の実行委員の皆さんと力を合わせて頑張ってきたことが実を結んだ一日となりました。

 

 男女共同参画社会の実現に向け、今後とも一歩ずつ進んでいきます。

 皆様のご理解、ご協力をどうぞ、よろしくお願いいたします。

第1回アスカーラ共生フォーラムに向けて(No.70)

更新日2018年01月25日

<二十四節季では春が近づいてきました>

 

 平成30年になり、一月も終わろうとしています。

 この一年、男女平等推進センターでは職員一同、一丸となり頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

~ 2月3日(土)

   第1回アスカーラ共生フォーラムがあります!! ~

 

 すでに昨年にもお知らせしましたが、いよいよ2週間をきり、フォーラムの準備も大詰めとなっています。

 実行委員会の皆さんもチケット売りに奔走され、フォーラムを盛り上げようと懸命に活動されています。

 まだ、もしチケットを購入されていない方はセンター、インフォメーション等でも購入できますのでよろしくお願いします。

 そして、前回、お知らせしていなかった内容として、山口 香さんの講演会の後に、スペシャルプレゼントとして、ディズニーのアニメ「ズートピア」の上映を予定しています。

 山口さんの「夢をあきらめない生き方」の講話に続き、一人の女の子(ジュディ)が、困難に負けないで一人前の警察官に成長していく姿を描いた作品です。

 アニメですが、作品の中にはたくさんの内容が入っていて、今回のフォーラムのテーマにぴったり合ったものです。

 是非、お子様とご一緒に楽しまれてください。

 再度、お願いです。チケットをまだ購入されていない方、一人でも多くの方のご参会をお待ちしています。

 購入の方、よろしくお願いいたします。

 

 尚、当日は市内の小中学生の男女共同参画の視点から描いた図画ポスターや標語が、1階ギャラリーモールで展示されていますので、ご覧いただけます。(1/26~2/13)

 どの子も男女共同参画について前向きに一生懸命取り組んだことがわかります。

 

 また、ギャラリーモールでは、センターの登録団体5グループの活動の一環として、バザーの催しもあります。かしわごはんやとらちゃん豆、手作りの作品やリサイクル用品などが販売されます。

 日頃から自主的に活動されている団体の皆さん方を応援していただければ幸いです。

 

 第1回アスカーラ共生フォーラムを実施するにあたり、昨年度から準備委員会を立ち上げ、色々な課題解決に向け取組を進めてきました。

 一人でも多くの皆様に、男女共同参画社会について気づき、考え、実行していくきっかけになればと考えています。皆様のご出席をお待ちしております。

<当日の日程>

平成30年2月3日(土) 13:00~15:00(開場12:30)

♢あいさつ

♢図画ポスター・標語コンクール表彰式    13:25~13:40

♢講演会                13:45~15:00

♢「ズートピア」上映          15:15~

ご存知でしょうか?「地域女性リーダー」(No.69)

更新日2017年12月08日

<時季は大雪(たいせつ)です>

 

 いよいよ今年も最後の月となりました。

 一年経つのが年々早くなっているように感じます。

 想定外のことが次から次に起こるのに対して、一喜一憂しているかもしれません。

 それだけ身の回りにたくさんの情報が溢れているからでしょうね。

 

 来年は戌年、どんな年になるのか楽しみです。

 皆様にとって、平和で幸せな年になるよう心から願っております。

~ 「地域女性リーダー」の活躍を

            ご存じでしょうか? ~

 

 地域女性リーダー育成事業とは、「女性が地域で生き生きと活躍して、自己実現をはたしてほしい」という目的の事業です。

 この事業は大野城市人権・男女共同参画課の委託を受け、センターが平成26年度から実施しています。

 2年間をスパンとした事業で1年目は活動するための座学研修、2年目は同じ考えをもつグループ別に地域で活動するという流れです。

 1期生、2期生それぞれに2グループができ、現在それぞれに自分達の活動目標をもち、楽しく生き生きと地域で活動されています。

 今回ご紹介するのは、2期生のグループ「防災ほっとキッチン」の活動についてです。

 

 「防災ほっとキッチン」の皆さんは、日本各地で頻発する多様な災害時に、「避難所で温かい食べ物を提供しよう、また、自分でできる調理方法を伝えたい」という思いで活動されています。

 先日(11月22日)は、「安心できる避難所づくり」というテーマでの開催でした。

 男女共同参画の視点を避難所運営に生かした取組の事例で、青森県のおいらせ町の事例をDVDで鑑賞したり、パッククッキングの方法を教えてもらったりしました。

 調理方法を聞いた後、参加者全員で試食しましたが、どれも大変おいしくて、パックに材料を入れてゆでたものとは思えないほどでした。

 その日は肉じゃが、ワカメごはん、蒸しパンの3種類をいただきました。

 レシピを添付しますので、是非、皆さんも試してみて下さい。(パックは厚めのものだったらOKです)

 この日は、月1回(第四水曜日)、1期生のわくわくカフェ(中央コミュニティ)の活動の一環として、2期生の活動を行いました。

 1期生、2期生の活動の交流にもなって大変よかったと思いました。

 防災ほっとキッチンの皆さんは、下筒井公民館での避難訓練や大利中学校でもパッククッキングを使ったカレーや蒸しパンを提供し、大好評でした。

 

 ある日突然、想定外の被害に遭い途方にくれた時に、温かい食べ物を食べると身も心も温まるにちがいありません。

 自分が災害に遭わないという保障はありません。

 万が一というときに一人ひとりができることを考える一助になれば幸いです。

PAGE TOP