ホーム

男女平等推進センター アスカーラ

アスカーラだより

梅雨の季節(No.74)

アスカーラだより 詳細

梅雨の季節(No.74)

更新日2018年06月05日

 

 今年は梅雨入りが早くて、先週発表がありました。

 新体制になったセンターも少しずつ本格的に事業が進んでいます。これからも皆様と共に男女共同参画社会に向け、頑張っていきます。ご協力、よろしくお願いします。

~第3期生の地域女性リーダー

         第1回研修会が終わりました~

 

 第3期生のテーマ「私たちの目線を地域に活かす!わくわく大野城」

 第1回の研修会は大きく2部構成で実施しました。応募者のうち、当日の出席は21名でした。

 

<1部> 開講式、オリエンテーション、活動報告

 ○主催者挨拶(井本大野城市長、男女平等推進センター長)

 ○オリエンテーション(研修の説明、受講生の自己紹介)

 ○大野城市の男女共同参画の現状(人権・男女共同参画課)

 ○修了生の活動報告

  1期生(わくわくカフェ、げんきかい)2期生(きらきらマルシェ、防災ほっとキッチン)

 

<2部>講演会

○講話 「市民の力が地域を創る」

○講師  古賀 桃子さん(NPO法人ふくおかNPOセンター代表)

 

 1部では、自己紹介をしてもらいました。1回目ということもあり皆さんやや緊張気味でしたが、それぞれに今の思いや願いを話していただきました。自分から参加された人、知り合いに勧められた人、上司に勧められた人、会場におられた受講生は様々でした。この1年間、長丁場ですが、地域女性リーダーの研修を修了された時には、地域への思いがきっと変わっていただけているものと信じています。

 そして、「地域で活動したい」「地域に関わりたい」という言葉が、一人でも多くの受講生から聴けることを楽しみにしています。

 2部は、古賀桃子さんの講話でした。組織の考え方や具体的な活動例等を紹介していただきました。そして、次にあげる2つを講話のまとめとされました。

 「いきいきとした活動の共通点!」として、一つは、わかりやすさ、人を尊重する姿勢、マネジメント(適材適所)が大切である。もう一つは、心(仲間ありき)技(学びありき)体(身の丈ありき)が大事である。

 

 1部と2部の間には、大野城市からの男女共同参画の取り組みの報告と1期生、2期生の活動報告もあり、盛りだくさんの第1回の研修会になりました。

 これからの1年間、人権・男女共同参画課と男女平等推進センターアスカーラが連携し、この地域女性リーダー研修会を通して、第3期生のテーマである「私たちの目線を地域に活かす!」を達成できるよう頑張ります。

一覧にもどる

PAGE TOP