ホーム

男女平等推進センター アスカーラ

アスカーラだより

ご存知でしょうか?「地域女性リーダー」(No.69)

アスカーラだより 詳細

ご存知でしょうか?「地域女性リーダー」(No.69)

更新日2017年12月08日

<時季は大雪(たいせつ)です>

 

 いよいよ今年も最後の月となりました。

 一年経つのが年々早くなっているように感じます。

 想定外のことが次から次に起こるのに対して、一喜一憂しているかもしれません。

 それだけ身の回りにたくさんの情報が溢れているからでしょうね。

 

 来年は戌年、どんな年になるのか楽しみです。

 皆様にとって、平和で幸せな年になるよう心から願っております。

~ 「地域女性リーダー」の活躍を

            ご存じでしょうか? ~

 

 地域女性リーダー育成事業とは、「女性が地域で生き生きと活躍して、自己実現をはたしてほしい」という目的の事業です。

 この事業は大野城市人権・男女共同参画課の委託を受け、センターが平成26年度から実施しています。

 2年間をスパンとした事業で1年目は活動するための座学研修、2年目は同じ考えをもつグループ別に地域で活動するという流れです。

 1期生、2期生それぞれに2グループができ、現在それぞれに自分達の活動目標をもち、楽しく生き生きと地域で活動されています。

 今回ご紹介するのは、2期生のグループ「防災ほっとキッチン」の活動についてです。

 

 「防災ほっとキッチン」の皆さんは、日本各地で頻発する多様な災害時に、「避難所で温かい食べ物を提供しよう、また、自分でできる調理方法を伝えたい」という思いで活動されています。

 先日(11月22日)は、「安心できる避難所づくり」というテーマでの開催でした。

 男女共同参画の視点を避難所運営に生かした取組の事例で、青森県のおいらせ町の事例をDVDで鑑賞したり、パッククッキングの方法を教えてもらったりしました。

 調理方法を聞いた後、参加者全員で試食しましたが、どれも大変おいしくて、パックに材料を入れてゆでたものとは思えないほどでした。

 その日は肉じゃが、ワカメごはん、蒸しパンの3種類をいただきました。

 レシピを添付しますので、是非、皆さんも試してみて下さい。(パックは厚めのものだったらOKです)

 この日は、月1回(第四水曜日)、1期生のわくわくカフェ(中央コミュニティ)の活動の一環として、2期生の活動を行いました。

 1期生、2期生の活動の交流にもなって大変よかったと思いました。

 防災ほっとキッチンの皆さんは、下筒井公民館での避難訓練や大利中学校でもパッククッキングを使ったカレーや蒸しパンを提供し、大好評でした。

 

 ある日突然、想定外の被害に遭い途方にくれた時に、温かい食べ物を食べると身も心も温まるにちがいありません。

 自分が災害に遭わないという保障はありません。

 万が一というときに一人ひとりができることを考える一助になれば幸いです。

一覧にもどる

PAGE TOP