ホーム

男女平等推進センター アスカーラ

アスカーラだより

小暑から大暑へ移りゆくころ(No.64)

アスカーラだより 詳細

小暑から大暑へ移りゆくころ(No.64)

更新日2017年07月13日

<九州北部豪雨災害について>

 

毎日蒸し暑い日々が続いています。

今回の大雨で朝倉市や大分の日田市では、甚大な被害が出ています。まだ、孤立している人達、行方がわからない人達が大勢います。心からお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧と復興をお祈りしております。

 

 

<フォーラム・フェスティバルの一体事業について>

 

 いよいよ今年の活動がスタートしました!

 6月25日(火)、以前からお知らせしておりましたフォーラムと

フェスティバルの一体事業について、第1回目の実行委員会がありました。

 1回目ということで、出欠の後、林田館長のあいさつをいただき、その後、協議に入りました。協議内容は次の通りです。

 

 

 

~ 昨年度(準備委員会)の振り返りについて ~

 

 昨年度は、準備委員会の中で男女共同参画の視点から現実をみた時、たくさんの問題が挙げられました。地域での女性の発言権や主体性、地域での女性の活躍等、多くの問題を抱えている現実をみんなで確認したところです。

 そして、これらを解決し、私たちが理想とする社会についてみんなで話し合いました。決定の場が男女平等になる社会、女性の活躍が評価される社会、世代を越え、男女ともに社会参加できる社会など、私たちが目標とする理想の社会を決定しました。

 そして、みんなで合い言葉を考え、心を一つにしたところです。

 その合い言葉は3つの「あ」がつく「あかるく あせらず あきらめず」です。

 

~ 第1回実行委員会では ~

 

 4月から実行委員の応募を始めましたが、準備委員の方達はもちろんのこと、新しい人や男性の方にも実行委員になっていただき、何か新しい風が吹くような、そんな予感のする実行委員会となりました。

 まだ、実行委員になられていない方、応募は継続中ですので、是非、実行委員になっていただき、みんなで知恵を出し合い、私たちがめざしている社会のために行動をおこしていきましょう。

 

 

 1回目の協議では、名称について話し合いました。

 たくさんの意見が出た中から次の名称に決定しました。

 それは、「アスカーラ共生フォーラム」です。

 名称が決定するまでには、たくさんの意見が出ました。実行委員の皆さんがこれまで男女共同参画社会をめざして、色々な活動をやってこられた思いや努力、これからの世の中に対する期待や希望がわかり、大変充実した協議となりました。

 その他、活動の見通しや本年度の取組などが協議され、第2回目ではこれらの内容が更に具体的になり、深まっていくものと大きな期待を寄せているところです。

一覧にもどる

PAGE TOP