ホーム

男女平等推進センター アスカーラ

アスカーラだより

2018年02月

アスカーラだより バックナンバー

2018年02月

第1回アスカーラ共生フォーラム 無事に終了しました(No.71)

更新日2018年02月16日

<梅の花が色付いてきました>

 

 立春とは名ばかりで、まだまだ寒い日が続いております。

 これから寒さが少し緩むみたいなので、少しは過ごしやすくなりそうです。

 本当に春が待ち遠しい毎日です。

~ 第1回アスカーラ共生フォーラムが

            無事に終わりました! ~

 

 このホームページでも何回もお知らせしましたフォーラムでしたが、2月3日(土)に無事に終えることができました。

 参会者が400名足らずで、目標の500名の集客には及びませんでしたが、内容については、大変好評を得ることができました。

 小中学生の図画・ポスターの表彰式にはじまり、ディズニーのアニメ「ズートピア」まで、4時間の長丁場でしたが、最後まで参加していただいた方も多くおられました。

 長時間のご協力に心から感謝申し上げます。

 

 参会者はやはり、大野城市内の方が多く、60代以上の方が多く見られました。

 また、お知り合いからのお誘いがとても多かったです。

 センターとしては、ホームページはもちろん、まどかぴあやセンターの情報誌、コミュニティバスや新聞、区長さん方を通して回覧板にお願いするなどあらゆる方法で広報活動をしましたが、なかなか集客には至りませんでした。

 

 しかし、ご参会の皆様からは大変好評を得ております。

 中でも、山口香氏の講演については絶賛の声、声、声。

 アンケートに回答された方のほとんどが満足されたようでした。少し、紹介します。

 

・老若男女関係なくお互いの違いを認めること、今までの伝統・概念のおかしいところを大掃除して、未来に過ごしやすい社会を残していくことを学んだ

・男女共同について、おもしろく、わかりやすく話してもらって楽しかった。山口さんの考え方、伝え方が良かった。

・山口講師の話に大満足。経験をしっかり社会に還元されていることが実感した。

・男と女の違いを話されたが、まさに我が家と同感できると改めて思った。とても参考になる意見や考えがたくさんあった。

 

など、山口氏の凜とした生き方に対する共感が数多くありました。

 「夢をあきらめない」ことのすばらしさを山口氏なりに、情熱的に語られたことが大変よかったのではないかと思いました。

 講話についての感想がほとんどでしたが、センター(アスカーラ)の説明のスライドがわかりやすくてよかった、小中学生の表彰式をすることで男女共同参画の意識が進みとてもよかった等の意見もありました。

 6月に実行委員会を発足させ、8ヶ月にわたりフォーラムに向けて準備を進めてまいりました。

 講師の選定や広報活動の工夫、チケットの販売など大変な面もありましたが、当日は22名の実行委員の皆さんと力を合わせて頑張ってきたことが実を結んだ一日となりました。

 

 男女共同参画社会の実現に向け、今後とも一歩ずつ進んでいきます。

 皆様のご理解、ご協力をどうぞ、よろしくお願いいたします。

PAGE TOP