ホーム

男女平等推進センター アスカーラ

アスカーラだより

2016年04月

アスカーラだより バックナンバー

2016年04月

年度初めのお祭りです!(No.50)

更新日2016年04月08日

平成28年度が始まりました。本年度も、市民の皆様のご理解、ご支援をいただきながら、男女平等推進センターとして邁進していきます。

4月に入り、官公庁をはじめ、ちまたの会社や団体等では「人事異動」等で大変慌ただしく、落ち着かない日々がしばらく続きます。

 

しかし「皆さん、安心してください。センターでは、本年度は退職者や異動もなく、4月1日から、大きな混乱もなく穏やかで、粛々と仕事が進んでいます。」

と、いうことで、本年度も、6人の職員、2人の相談員、1人の臨時職員の9人で男女平等推進センターを運営していきます。どうぞ、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

28年度はまどかぴあ20周年の記念の年となります。これまでまどかぴあを愛してくださった皆様、関わっていただいた皆様へのお礼を込めて、この1年間の事業を推進していきますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

年度初め、センターの最初の事業が「アスカーラまつり」です。

このまつりは、センターのリニューアルを記念して、3年前から始めています。

「男女平等推進センターって何?」「アスカーラって何?」「何をしているところ?」等、センターの存在やセンターの事業内容をご存じない方を一人でも少なくすることを目的に始められたまつりです。

 

男女平等推進センターの愛称はアスカーラです。このアスカーラまつりで、一人でも多くの市民の皆様に集っていただき、一人でも多くの方に『アスカーラ』を知っていただくために、毎年、4月の第1土曜日に開催しています。

今年は4月2日(土)の開催でした。まつりの内容は、次の通りです。

 

<バザー>(1階 ギャラリーモール)チームF、女性の会、大野城子ども劇場

○手作り雑貨、フリーマーケット、かしわご飯等を各団体によって販売されましたが、大変な人気で売れ行きも好調だったようです。お買い上げありがとうございました。

 

 

<子ども市>(1階 多目的ホール)

〇子ども劇場主催のバザーで子ども達自身が企画立案し、運営するという子ども達の自主性を育むものです。

親子の参加が多く、子ども達も大満足な様子でした。

 

 

<わくわく工作体験>(3階 302会議室)託児サポーター“ママ・ポケット”

○折り紙や身近な材料(テッシュの箱)でアンパンマンの「いないいないばあ」を作りました。

子ども達に大人気のキャラクターということもあり、時間いっぱい楽しい笑い声が聞こえていました。

 

 

<脳トレブロック&わくわくカフェ>(3階 アクティブルームと情報交流ひろば)

○「脳トレブロック」とは、地域女性リーダーが主催する大型麻雀パイを使ったコミュニケーション麻雀のことです。

3人一組で話し合いながら、ゲームをしていきます。親子のチームが何組かあり、大変楽しそうにゲームをしていました。

○「わくわくカフェ」とは、地域女性リーダーによる手作りのお菓子やお茶等の提供を通して、集い、語らい、コミュニティを深めてもらうものです。リーダー達による企画・運営で開催されるもので、当日も大盛況でした。

 

 

<みんな来てきて!ステキなマルシェ>(3階 301会議室)

○身の回りにちょっとあると楽しくなるような雑貨、健康のことを考えた自然食品等、手作り感いっぱいのお店がたくさんあって、参加された方々も大変楽しそうに購入されていました。大人も子どもも楽しめる「ステキなマルシェ」でした。

 

 

 

<新聞掲示物『窓』の1年、情報誌「ほっぷ」の1年>

(1階 ギャラリーモール)

<写真で綴るアスカーラの1年>

(1階 ギャラリーモール、3階 情報交流ひろば)

<壁新聞「ほっぷ」の1年>(3階 アスカーラギャラリー)

○センターの歴史と伝統を感じるすばらしい掲示物となりました。ごらんいただけましたでしょうか。

来年も「アスカーラまつり」を開催予定です。今年以上に充実したものになるよう、工夫改善していきます。

皆様のご参加をお待ちしております。

PAGE TOP