ホーム

男女平等推進センター アスカーラ

アスカーラだより

2014年06月

アスカーラだより バックナンバー

2014年06月

ぐんぐんと……7月です(No.30)

更新日2014年06月10日

  ベランダのゴーヤも日に日に勢いを増し、立派なグリーンカーテンになってきました。植物の成長は楽しみです。子どもの成長を見守る親のような心境でしょうか。

8月23日(土)に男女平等推進センターフェスティバルを開催します。実行委員さんたちが、企画の検討から始めチラシの作成も行い、ただいま今PR活動にも頑張っていただいています。  

   今年は、第1部が津軽三味線コンサート「伝承と挑戦」。津軽三味線の若手のホープである浅野祥さんをお迎えします。仙台出身で5歳のときから津軽三味線を始め、全国大会において最年少優勝、3連覇を達成するなど才能あふれる期待の新星です。浅野さんの津軽三味線とピアノの國友章太郎さん、フルートの中西久美さんとのコラボも楽しみです。

  第2部は、福岡出身の漫画家 倉田真由美さんが「自分らしくありのままで」と題して講演されます。漫画「ダメンズうお~か~」で大ブレーク。漫画、エッセイなどの執筆活動のほか、テレビ、ラジオ、トークショー等多方面で活躍中です。おまけに倉田さんと浅野さん、林田スマ館長とのミニトークもあり、内容満載です。ご期待ください。チケットは前売り1,000円(当日1,300円)1回の総合案内で発売中です。お買い求めはお早めに!

  男女平等推進センターでは「日商簿記3級講座」や「実践!JW-CAD初級講座」、「会計王15講習会」などの資格取得講座の受講生を募集しています。子育てなどで仕事を中断し、再就職を目指す方やスキルアップを目指す方などチャレンジしてみませんか。

 また、初めての取り組みとして「男女共同参画かるた」読み札を募集します。<男だから女だから>といった固定的な性別役割分担意識に関する日頃の疑問や気づき、男女共同参画の視点から見た望ましい未来への願いを込めたカルタ。「あ」から「わ」で始まる44枚の読み札で、1文字だけでも応募いただけます。大野城市以外の方でもご応募できます。皆様のたくさんのご応募をお待ちしています。

6月梅雨に入りました(No.29)

更新日2014年06月10日

  梅雨に入りました。グリーンカーテンのゴーヤもすくすくと成長中です。黄色の小さな花が咲き始めていて、毎日楽しみです。

大野城市男女共同参画条例制定記念講演会では、国連機関での勤務など国際経験豊富な野田順康先生に「女性が支える日本の国際化」と題してご講演いただきました。国連が男女平等と女性の地位向上にいかに力を入れているかを改めて確認し、GGI指数(男女平等の格差を表す指数)で136か国中、105位の日本の本気度が問われていると感じた次第です。寛容性のある多様な社会の必要性と女性がもっと活躍することで、日本は変わると力強く話をされたのが印象的でした。 

  先週、「男性のための輝き人生塾」が終了しました。男性だけの参加者というのは初めてでしたが、皆さん熱心に運動や介護の話に聴きいり、調理実習にも積極的に取り組まれました。シュウマイからコーンのスープ、セロリの酢の物、デザートの杏仁豆腐作りまで大奮闘。私も参加しましたが、とても美味しかったので、翌日家でつくりました。皆さんは、おうちに帰って作ってみられたでしょうか。

 「パパの楽々育児塾」が21日から始まります。昨年から始めた講座です。子どもとのコミュニケーション、遊び方、簡単なおやつ作りを学ぶパパ向けの講座です。奮ってご応募ください。

 今年の男女共同参画週間(6月23日~29日)のキャッチフレーズは「家事場のパパヂカラ」です。「男性が、企業人としても家庭人としても豊かな生活を送るために、長時間労働を減らして、女性とともに家事・育児・介護・地域活動に関わりたくなるようなキャッチフレーズ」を募集し、応募作品3651点の中から最優秀作品に選ばれたものです。日本の男性の家事・育児時間は国際的にみても最低の水準です。もっと仕事と生活のバランスが必要ですね。

PAGE TOP